cubeRoid
2017年08月 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2017年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Clockの壁紙を自作する方法。

Speedcubing Advent Calendar 2016-2


※この記事は「Speedcubing Advent Calendar 2016」の16日目の記事として投稿されたものです。



遅刻です。廊下に立ってます。申し訳ありません。。また記事内の画像は後日追加する予定です。

突然ですが、以下のツイートをご覧ください。






約1年ほど前に、何を思ったかClockの中に入れられている壁紙を自作しようとやってみたことがありました。
Twitterでもわりと反響があり、アニメの画像を使用していたことから「痛クロック」と命名されています。これ以降私がClockの競技に出る際には必ず痛クロックを使うことが通例になってしまいました。

(先日のアジア大会にもこれで出場しています。ジャッジの方に「Wow! cute!」と言われました。)



この記事では、WCA競技である「Rubik's Clock」を少し違った視点から楽しんでみようということで、この壁紙の自作方法をざざっと公開したいと思います。




制作過程を解説した動画も作りました。以下の文章は概略になりますので、実際に制作される方はこちらも一緒に参考にしていただくと良いと思います。



WCA規則に関して


制作の前に、ひとつ注意しておく点があります。実はRubik's Clockに関して以下のような規則が定められています。


・3h4) クロックについては、カスタムの「挿入紙(従来の挿入されている紙と同じ形・大きさのもの)」がWCA代理人の判断によって許可される。挿入紙にはオリジナルと一致する12時を示す表示が明確になければならない。(引用元 : WCA大会規則 2016)


自作した壁紙を試技で使うクロックに入れることは可能ですが、形やサイズを同じにし、12時の目盛りをはっきりつけなければなりません。

では制作に取りかかりましょう!


0. 用意するもの


・Adobe Illustrator
・デフォルト壁紙のスキャン画像
・使いたい画像
・カッター
・プリンター・2L版写真用光沢紙
・諦めない心


最後のやつはかなり重要です。
Illustratorには試用版があります。Inkscape等の無料代替ソフトでも大丈夫かと思います(未検証)。



1. 型取り


まず壁紙の型をとります。
127[mm]x178[mm](2L版サイズ)、カラーモードをCMYKにして新規ドキュメントを作成します。

1-1. 基本円を作成


型の基本となる円を置きます。Clockの壁紙は直径102mmの円ですので、[楕円形ツール]で同サイズの円を描き、中心に置きます。
※Shiftキーを押しながらドラッグすると真円が描けます。Shiftキー+ドラッグは「画像を縦横比固定でサイズ変更する」ときにも使うことができ、これから活躍しますので覚えておいてください。

円には見やすい色をつけておいてください。


[ファイル]>[配置]からデフォルト壁紙の画像を挿入し、直径102mmの円とぴったり重なるようにサイズ変更して背面に置きます。


1-2. 基本円に"追加"する部分


基本円からはみだす領域を追加していきます。


基本円からはみだすのは四隅の歯車の部分です。[円ツール]で円を4つ描き、右のように配置します。

配置した円をグループ化したあと、そのグループと基本円を同時選択します。

そのまま[ウィンドウ]>[パスファインダー]と進み、[合体]を選択。すると同時選択した円がすべて合体します。


これで"はみだす領域"の追加が完了しました。



1-3. 基本円から"削除"する部分


「1-2.」とは逆に、基本円から余分な領域を除く作業です。

余分な領域も全て円もしくは半円ですので、[円ツール]で円を描いて重ねていきます。

円が増えるので、適宜グループ化して整理しながら作業しましょう。


円をすべて配置し終えたら、まとめて1つのグループにします。そのグループと基本円を同時選択し、今度は[パスファインダー]の[前面のオブジェクトで型抜き]を選択します。



これで型の完成です。



2. 画像を配置・切り抜き


壁紙にしたい画像を配置していきます。

[ファイル]>[配置]から画像を挿入し、型の背面に配置します。

画像を複数枚入れる場合はグループ化してください。

画像(グループ)と型を同時選択し、[オブジェクト]>[クリッピングマスク]>[作成]でくり抜くことができます。


ここで切り取り線をつけます。


3. 文字盤を作成


次に文字盤を一旦別ファイルで作成します。
100[mm]x100[mm]、カラーモードをCMYKにして新規ドキュメントを作成します。

文字盤配置のガイドとなる円を直径80mmくらいで作り、中心に置きます。

ガイドに沿って0,3,6,9時の位置に円を置き、グループ化します。

グループを2回コピー&ペーストし、それぞれ30°と60°の回転をかけて残りの目盛りとして配置します。

最後に12時の部分のみ個別で作ります。
[角丸長方形ツール]とテキストを使います。ここは前述のWCA規則に関わってきますので、壁紙画像に埋もれない色で作るようにしてください。

完成したら保存します。


4. 文字盤を追加


最初のファイルに戻り、[ファイル]>[配置]から「3.」で保存したIllustratorファイルを挿入します。

サイズを調整しながら文字盤を9つ配置したら完成です。




5. 印刷


[ファイル]>[プリント]を選択するとプリントダイアログが表示されます。

用紙サイズを「2L」(「2L (フチなし)」ではない)にします。ここでプリンターの印刷品質を最高にしておくと良い印刷結果が得られます。


カット作業はカッターが一番やりやすいかと思います。光沢紙はほどよく厚みがあり切りやすいです。




---------------------------------------------
以上が一連の作業工程です。
文章におこすと思いの外複雑になってしまい、やってくれる人がいるのかどうか。。

クロックはメーカーの種類が少なく、どれも見た目がほぼ同じです。そろそろQiYiからクロックが発売されますので、来年はクロックブームが来るはずです。ぜひ自分だけのクロックを作って、ブームに乗っていただければと思います。



今回の記事は以上です。お読み頂きありがとうございました。


Speedcubing Advent Calendar 2016

Speedcubing Advent Calendar 2016



久しぶりすぎますね。ほぼ1年ぶりです。

アドカレこと「Speedcubing Advent Calendar」が今年も開催されます。これまで何となく参加を見送ってきましたが、今回は重い腰を上げて1つ書かせていただきます。


12月16日の更新をお楽しみに。



九州大会 2015 - せっかく福岡来たのに大会だけじゃもったいないの旅

九州大会 2015-2


一昨日久しぶりにまともな記事を投稿し、広告が消えてかなりすっきりしました。

さて今回は大会後の観光について書いておきたいと思います。先に言っておきますがキューブは一切出てきませんので、他人の旅行とかどうでもいいという方はスルー推奨です。



1日限りですが福岡の名所を巡って美味しいものを食べてきました。



---------------------------------



まず大会レポ記事で後回しにしたライブハウスについて。



IMG_3677.jpg「博多Memories(旧 博多KENTO’S)」に行ってきました。

日本大会の時に行った新宿KENTO’Sと同系列の店舗です。雰囲気はほぼ同じ。













7時半のスタートからラストステージまでずーっとお酒飲みながら聴き入ってました。


オールディーズなので聴き慣れない曲がほとんどでしたが、ベースやエレキのプロの方々を間近で見れただけでも十分満足です。


リクエストにも応えていただき、あっという間に日付が変わってしまいました。


現代風のライブとは一味違った楽しさがあります。

IMG_3683.jpg最後にこの日のステージを担当してくださった「Shadows」の皆さんとゲストボーカルのユキヒロさん。本当にありがとうございました!













この日はほろよいのまま爆睡。




IMG_3719.jpg2日目は10時頃出発してヤフオク!ドーム行ってきました。














IMG_3689.jpg目的はこれ。王貞治ベースボールミュージアム。


父がソフトバンクファンなので、ぜひおみやげを買ってきてほしいと言われていました。











入場料が大人1,000円という割と高めな設定でしたが、それも納得の充実した内容でした。大量に写真を撮ってきたので、実家に帰ったら見せてあげようと思います。



IMG_3717.jpgおみやげはここ。要望をもらっていたネックウォーマーとタオルを買っていきました。
















次は太宰府天満宮へ。福岡市にあるのかと思っていましたが、太宰府市ってのがあるんですね。


IMG_3721-2.jpg冬休み期間といえど平日なのにこの人だかり。初詣はいったいどんな状態になるんでしょうか。













お賽銭投げて拝んできました。



最後に受験を控えている妹へ学業のお守りを購入。学業の神様菅原道真のご利益はいかに。



IMG_3728.jpgあとここで有名なのはこのスタバでしょうか。

景観を壊さないためにこのようにしたそうですが、圧倒的な存在感は否めません。待ち人数が多すぎて入るのは諦めました。














昼食はリンガーハットで野菜たっぷり長崎皿うどん。





IMG_3729.jpg午後からはショッピングモールのキャナルシティ博多でおみやげ探し。














IMG_3730.jpgこんな店を見つけました。博多名物を揃えた「The 博多」。














通りもんとひよ子を購入。ひよ子は東京みやげという印象が強いですが、福岡発祥ですよ。





夕食はもつ鍋。予約しないと入れないほど人気な「博多もつ鍋 おおいし」へ。





最後のちゃんぽんまでおいしくいただきました。






1日限りの旅はこれにて終了。翌日朝8:30に金沢へ向けて出発しました。



IMG_3744.jpg九州と本州の境目にある「めかりパーキングエリア」。展望台から関門海峡を一望できます。















夜7時頃に到着。北陸道で事故や落下物による渋滞が相次ぎ、行きよりも時間がかかってしまいました。



運転してくださった徳田さん、塚本さん本当にありがとうございました。





次に参加する大会は「関西大会 2016」になると思います。来年もよろしくお願いします。
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。