cubeRoid
2017年10月 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 最近のこと。[Mar, 2015]TOPMonthly Diaries ≫ 最近のこと。[Mar, 2015]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

最近のこと。[Mar, 2015]

IMG_2665_2.jpg



IMG_2663.jpg落ち込んでおります。「RADWIMPS Live & Document 2014 ×と◯と君と (LIMITED EDITION)」を発売日に購入したにも関わらず、ライブ音源をダウンロードできるナンバーが封入されていることをすっかり忘れており、期限を逃してしまいました。



ちょうど期限から1ヶ月経ったようです。






「最近のこと。」3月版です。

ひとまず先日の関西大会お疲れさまでした。有意義な2日間を過ごせました。



総閲覧数20,000、総記事数100本突破!


Surpassing 20,000 PV当ブログの閲覧数と記事数がほぼ同時に節目を迎えました。

関西大会のレポを思った以上にたくさんの方が見てくださり、一気に20,000を超えました。また関西大会2日目の記事で総記事数が100本に到達しました。


何でここまで続いているのか自分でもよく分かりませんが、いつも見ていただいている方には本当に感謝しています。最近では大会で初めて会った方に「あー、あのブログの人!」と言われることも少なくなく、コミュニケーションのきっかけになっているのは間違いないようです。




他多数のブログのようにスピードキューブの解説やアドバイスなどをしているわけではありませんが、こういった日常系のブログもありなのではないかと思っています。



これからも変わらず更新し続けていくつもりです。


ポスター掲示/第3回活動も。


IMG_2615.jpgとりあえず掲示できるところにポスターを貼ってきました。新生サークルなので活動の場所はまだ与えられていません。

新歓にあたっては活動場所をしっかりしておかないと1年生も来にくいので、新学期が始まったら取り急ぎ場所だけは確保してポスターに追記する考えです。



triboxから提供されるキューブも近々届くので、存分に使わせていただこうと思います。




IMG_2656.jpg第3回活動を行いました。

スタックマットを持っていって軽く計測会もやっています。GuanLongを使っているメンバーの一人は、Gans 3 V3を触って感動していました。










最近のtribox新製品。


いくつか新製品が発売されたので、まとめ買いさせていただきました。

ZhiSheng Cube 4x4 Unicorn King


IMG_2617.jpg待ち望んでいたYuXin 4x4こと「ZhiSheng Cube 4x4 Unicorn King」が発売されました。

ZhiShengとは、11x11で有名なYuXinの中の一部門のようですが、詳しいことは分かりません。YJとMoYuの関係みたいなものでしょうか。

黒素体が売り切れてしまったので、とりあえず白を購入しています。キューブ再開してから初めての白素体です。






IMG_2657.jpgパッケージ側面にこんな記載が。コーナーカットのアピールです。















個人的に使う分には黒素体のほうがいいのですが、こうやって写真を撮るとなると白のほうが明暗が分かりやすくてレビュー向きのようです。




IMG_2661.jpgセンター四隅の隙間が特徴的です。エッジの形状はGans 3 V3に似てますね。

メーカー貼付済のステッカーはGear Cubeと同様のマットでさらさらなものです。好みが分かれそうですが、スピードキューブにおいては指が滑ってやりにくい印象です。









開封直後からスムーズな回転の軽さと回転音の気持ち良さに驚きます。あまり話題になっていないように思えますが、しばらくMoYu一辺倒だった4x4キューブ界に新旋風が巻き起こる予感がします。



Cong's Design Onion Cubes YueYing


IMG_2659.jpgMoYuからの派生であるCong's Designから発売されたYueYingです。といってもこの黄色いパッケージはMoYuと一線を画す印象を与えます。


YueYingという名称からもある程度推測できますが、構造は「MoYu LiYing」に類似する点がいくつか見られます。

LiYingは持っていないので詳しい比較はできませんが、triboxの画像で比べてみる限りではエッジがほぼ同じ、コーナーも内部と外側でパーツが分かれる構造は同じのようです。



IMG_2660.jpgしかしコーナーパーツの形状がLiYingよりもさらに極端になり、ほぼ正方形になっています。

そのせいか回し心地には角張った感覚がつきまとい、回転音も何とも言えないカチャカチャした音になっています。









FangShi GuangYing


IMG_2658.jpgFuns PuzzleのShuangRenからほぼ2年ぶりの新型3x3です。

外見はShuangRenに似ていますが、回転スピードとコーナーカットは格段に向上しています。ルーズな回し心地は前身のShuangRenからは想像がつかないほどです。









IMG_2662.jpgShuangRen V1とのパーツ比較です。

まずShuangRenの特徴のひとつだった内部のマットさはほぼなくなりました。

基本的な構造は同じですが、GuangYingはコーナーの足が長くなり接地面積が減らされているようです。









GuanYing.jpgGuangYing(光颖)という名称は中国の詩句からとられています。日本語訳は分かりませんでしたが、右の画像を参照ください。


また発音はGoogle翻訳によると「クァンイン」が正しいようです。triboxの表記もそのようになっていました。














以上、「最近のこと。」でした。

明後日から大学の新歓合宿があるので、機会を伺ってさりげなくキューブ布教できないかと目論んでいます。


さーもうすぐ新学期です。頑張りましょう。
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。