cubeRoid
2017年10月 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 【改訂版】StackMat Pro Timer & CCTTOPFeatures ≫ 【改訂版】StackMat Pro Timer & CCT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【改訂版】StackMat Pro Timer & CCT

SMP CCT


2年ほど前にCCTとStackMat Pro Timerの接続について記事を書きました。特に方法は変わってませんが、もう一度きれいにまとめ直したいと思います。


CCT(CalCubeTimer)とは、キューブのタイム計測のために使われるダウンロード形式のタイマーアプリケーションです。今回の記事では、StackMat Pro Timerに表示されるタイムを同時にCCT上にも表示させる方法を紹介します。CCTをトーナメントディスプレイ化しようというわけです。

CCTはこちらからダウンロードできます。

動作確認状況


Windowsの動作確認は行っておりません。YouTubeにWindowsパソコンへの接続に成功している動画がいくつかありましたので、そちらをご参照ください。



※この使用方法はSpeedStacks社/QJ Toysが公式に発表しているものではありません。これによってタイマーが故障等を引き起こしてもメーカー保証対象外となり、当ブログも責任は負いません。了承の上お試しください。








前準備


接続にあたって用意するものは2つです。「3.5mm⇔3.5mm オーディオケーブル」と「2.5mm⇔3.5mm プラグアダプター」。3.5mmや2.5mmはプラグの直径を表し、前者はステレオミニ、後者はステレオ超ミニとも言います。


Stackmat Pro 端子StackMat Pro Timerにある接続端子はステレオ超ミニ規格のため、通常のオーディオケーブルだけでは接続できません。3.5mmから2.5mmへの変換が必要です。













コードとアダプターどんなものでもいいのですが、一応僕が使っているものを載せておきます。

ケーブルは先端の両方もしくは片方がL字型になっているものを推奨します。変換コネクタがあるために接続部がどうしても手前に突き出てしまうので、できる限りケーブルが試技の邪魔にならないようにするためです。

2つともAmazonで購入しました。








また計測する場所の周辺で、電気信号に影響を与えるノイズの発生源がないか確認してください。

ありがちなのは蛍光灯です。その他ラジオ等もノイズの原因となる可能性があります。しかし蛍光灯を消すと計測どころではなくなるので、とりあえずつけたままお試しください。後々どうしても不具合が起こるといったときに確認してみればいいと思います。





PCとStackMat Pro Timerを接続


それでは接続します。とりあえずタイマーの電源はOFFにしておきましょう。PCへは外部入力の端子に接続します。イヤホン等をつなぐ外部出力ではありませんよ。




サウンド接続の確認方法としては、タイマーの電源を入れて「システム環境設定」から「サウンド」を選択し、入力レベルを確かめるのが速いでしょう。入力音量をいじってみてレベルが動けば大丈夫です。

入力音量は大きめに設定しておいてください。











CCTの設定


ではCCTを起動します。


Configuration.jpgメニューバーの「File」から「Configuration」を選択。上部タブから「4 Stackmat Settings」をクリックしてください。

基本的にいじるのは右画像で示した3カ所です。画像はクリックすると新規タブで開きますので参照ください。






① 3つのチェックボックスすべてにチェックを入れてください。

② プルダウンには入力の装置が表示されます。「Default Audio Device description...」と書かれているミキサーを選択してください。初期設定でこれになっていると思います。

大抵の場合はこれでうまくいきますが、失敗する場合は「Built-in Input description...」と書かれているミキサーに変更してください。外部ライン入力を直接選択したことになります。

③ 初期設定で50になっています。僕はそのままで正常に動作していますが、もし不具合がある場合はこの数値を少しずつ変えてみてください。整数のみです。



「Save」で設定が反映され、ダイアログが閉じます。「Apply」をクリックするとダイアログが開いたまま設定が反映されるので、数値の微調整の際などに便利です。




Use keyboard timer最後にタイマーの電源がついていることを確認し、「Use keyboard timer」のチェックを外します。

左側に「Timer is ON」の表示が出ればOKです。OFFになっている場合は接続に問題がありますので、サウンド設定を見直してみてください。





最終確認!



これで接続と設定は完了です。実際に計測して動作を確かめてみましょう。



写真 2014-12-01 午前11 58 22多少のラグはありますが、タイマーの停止時間と同じ表示で止まれば問題ありません。

小数第3位は切り捨てられ、第2位まで表示されます。












できましたか?

以上で解説は終了です。不明な点があればTwitter(@espr_cubes)もしくはコメント欄にてお気軽に連絡どうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

No title
EDIT
質問失礼します。
恐らく同じ(?)ケーブルと端子で試した見たところ、「ブブブ」というノイズが発生しました…「この入力を聴く」をOFFにしたところ収まったのですが、タイマーに直接ヘッドフォンを接続したところ、全く同じ音がしました。
なおかつ、CCTもTimer ONにはなるのですが、タイマー自体が動かなくて困っています。

原因がノイズのせいなのか、それとも他のところなのかが知りたいです…
2015年12月29日(Tue) 02:22
Re: No title
EDIT
Guest 様

閲覧・コメントありがとうございます。
タイマーの端子からは電気信号が出ておりますので、それをPCのスピーカーやヘッドホンから出力すれば何かしらの音(ノイズ)が聴こえるのは当然かと思います。仰るように「この入力を聴く」をOFFにしておけば大丈夫でしょう。

Timer is ONとなっていながらタイマーが反応しない現象は私が試行錯誤した段階でも発生していました。記事内にもありますが、おそらくタイマーの近くにある電気製品等から発せられる電磁的なノイズが、タイマーからの信号を阻害しさらにタイマーの動作にも影響を及ぼしている可能性があると考えられます。偶然発見したことですので憶測に過ぎませんが、今一度周りを確認されてはいかがでしょうか。

またGuest 様がお使いのPCは私が検証していないWindows機かと思われます。Windows特有の原因かもしれません。タイマーの機種による可能性もあります。


当方電気系統に特別詳しいわけではなく、あまり正確な回答を差し上げられず申し訳ございません。また何かありましたらお気軽にご連絡ください。
2015年12月29日(Tue) 11:38
No title
EDIT
ご返信ありがとうございます。
色々試した結果原因判明いたしました!!
ステレオ入力だと反応しないようです。手元にあったモノラル変換アダプターをかませた結果、無事動くようになりました。(多少の遅延はあるようですが、最終的なタイムは合っています)
2016年01月09日(Sat) 19:20












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。