cubeRoid
2017年10月 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ Speed Cubing Kit ver.2.0TOPPuzzle Reviews ≫ Speed Cubing Kit ver.2.0

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Speed Cubing Kit ver.2.0

写真 2014-09-25 13 53 21


帰省の特急電車内で書いています。今回は「スピードキュービングキット ver.2.0」を詳しく取り扱っていきたいと思います。ルービックキューブ ver.2.0を持ってこなかったため、比較画像などは帰ってから追加で掲載します。結局帰るまで更新できませんでした。比較画像も掲載済みです。

以下初代スピードキュービングキットを「SCK V1」、スピードキュービングキット ver.2.0を「SCK V2」、ルービックキューブ ver.2.0を「RC V2」と表記します。


――――――――――――――――――


07250018_53d123dc884ee.png不運なことに帰省途中で大雨にみまわれたため、パッケージの箱がすこしダメージを受けてしまいました。まずはその箱から見ていきます。と思ったらパッケージ画像撮るの忘れてたのでtriboxから引用しました。

SCK V1は直方体のパッケージでしたが、SCK V2ではルービックリベンジやプロフェッサーキューブと同様の形状になりました。同梱物を2枚のプラスチック板で固定し、断面が三角形の枠で囲まれている構造です。文章では説明しづらいので画像を参照ください。





内容物は以下の通り。

・SCK V2
・キューブスタンド
・取扱説明書
・専用グリース/ノズル
・マイナスドライバー
・スプリング/ワッシャー 各6個





写真_2014-09-15_午後11_01_06さて注目のキューブです。RC V2と同様、ステッカーではなくプレートインサート製法による埋め込みタイル仕様です。初期状態から回し心地はかなり軽い印象です。もちろんルービック純正製品としては、ですが。CCKでもろーかさんが回していた時に回転音がそこそこ目立っていました。やはりその通りガラガラした特徴も見られます。









写真 2014-10-14 午前2 21 50ここでRC V2とパーツ比較等できれば良かったのですが、先述の通り実家へ持ってくるのを忘れましたしそれ以前にパーツを外せていないので残念ながら不可能。唯一わかる違いはセンターキャップに2カ所穴が開いていることです。付属のドライバーを差し込んでキャップを外すためのようです。どうやらタイル部分が外れるみたいですね。かなり細い爪でない限り素手で外すのは困難かと思われます。

残念ながらタイルの足の折れやすさはSCK V1から引き継がれております。はめ込むときは特に気をつけてください。




ついでにネジ調節してみます。また、付属のドライバーが「マイナス」であることからも想像できる通りネジの頭もマイナスです。



ではRC V2で苦心、というか挫折した分解を試みます。



写真 2014-09-15 午後4 32 15普通に外れました。まあそうなってもらわないと困るんですが。


せっかくなので取り外せたコーナー・エッジパーツを並べてみます。共に角張った部分が目立ち、ガラガラした回し心地を物語っています。エッジの足がかなり長いのでpop耐久性は高いです。








写真 2014-10-05 午前1 24 08その他の同梱物です。注射器の形状をした専用グリースと取扱説明書、ワッシャーとスプリング。

グリースの先にはキャップがしてあり、使用する時は付属のノズルを取り付けます。

取扱説明書には分解方法や調整方法が記載されており、キューブの解法には触れられていません。記載内容によれば、センターパーツの部品の組み合わせを変えることでも緩さの調整ができるようです。




以上、スピードキュービングキット ver.2.0をレビューしました。メガハウス純正品ということもあり、定価3,024円(税込)とかなり値が張ります。店頭で購入できるので安心ですが、1,000円台が相場のスピードキュービングに慣れてしまった人たちにしてみればどうしても割高に見えてしまいますね。完全にコレクター仕様です。



気づけば1ヶ月更新が途絶えていました。実家にいた間もキューブを忘れた日など1日たりとも無かったのでご心配なく。
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。