cubeRoid
2017年10月 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ Rubik's Magicとか。TOPUnboxing ≫ Rubik's Magicとか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Rubik's Magicとか。

写真_2014-06-06_午後1_26_28__1_



Rubiks Cube 40th Anniversary先日2014年5月19日は「ルービックキューブ40周年」ということで、Googleのトップにルービックキューブが登場しました。画面上で解くこともできたので一応1回だけ解きました。どうやってプログラミングするんでしょうねあれ。


しかし何から数えて40年なのか。。。発売日の情報なんてあったのかな。。


まあそんなことは置いといて、やはりさすがキュービスト。出てくるスクランブルが毎回同じなのでFMCに長けている方々が本領発揮。20手近くで揃う手順を発掘して10秒くらいで解いててもうすごいやら面白いやら。2chのキューブスレも盛り上がったみたいです。






写真 2014-05-23 午前9 18 26さて閑話休題。今日は友達のキューブを代理で購入してあげるついでに自分のも一緒に買わせていただきましたので適当に書きます。送料とかの点ですごい助かるし、何より「友達のやつのついでに。」というキューブを買う口述ができるからやっぱ共同購入するべきですね。



今回は前々から気になってたYongJunことYJのYuLongChiLong、そしてRubik's Magicを購入しました。友達のキューブもYuLongです。


写真の左下にある2つの箱はtriboxさんに問い合わせて一緒に送っていただきました。以前購入したWeiLong V1透明素体とYuLongパステルに個包装箱がついていなかったのでそれらの収納用です。今回のYuLongとChiLongも本来は個包装箱をつけない商品だそうですが、箱付きで入荷していただくよう要望しました。キューブをむき出しのままにしておくのが嫌な性格なのです。。毎度いろいろ身勝手な注文をしてしまってごめんなさいtriboxさん。



でも箱で並んでるほうが探しやすいし見ていて気持ちいい(気がする)。


写真 2014-05-23 午後7 00 53また最近キューブを包んでいるフィルムに分類シールが貼ってあることがあります。おそらく個包装箱が無いものについているようですが…




これも捨てちゃうのはもったいない。どうするかって?






写真 2014-05-21 午前2 01 09箱に貼っておくんです。DaYanの3x3x3みたいに種類ごとに箱の色が違えばまだ分かりますが、MoYuやYJは総じてホワイトベースの箱なのでぱっと見では何か分かりません(白素体などの箱は黒ベースになります)。このシリーズは気づけば7つも所持していたので、並べてみるとこの通り。4x4x4のAoSuも合わせれば8つでしょうか。

(Feliksが5人もいる... 今のところMoYu Scholarshipが適用されたのは彼だけなのかな。。)







写真 2014-05-21 午前2 01 29なので、分類シールが付いていたものについては箱の側面に貼っておきます。


って、側面に貼っちゃったら結局1つ1つ見て確かめなあかんやんてなことになるわけですが、上面に貼るとFeliksにかぶさっちゃうし。まあ言っちゃえば半分以上自己満足です笑











肝心のキューブのほうですが、YuLongとChiLongは値段も見た目もほとんど一緒で、見分けるところはロゴくらいです。ただ、triboxのページにも「似ているけれど、同じじゃない」とあるように回し心地はやはり少し違います。両方ともサイズは56mmです。

印象としては、ChiLongのほうが若干引っかかりが少なく軽快に回すことができ、YuLongにはちょっとした引っかかりが感じられた、といったくらいでしょうか。しかしこう書くとYuLongを下げているように見えますが、これは好き嫌いが分かれる気がします。引っかかりといっても回しにくいということではなく、ガラガラした感触で個人的にはMoYu HuanYingの透明素体に近い感覚でした。通常色の素体を触ったことがないので一応「透明素体」としておきます。ごめんなさい。



写真_2014-05-21_午前2_29_10パーツを比較すると、YuLongはChiLongよりも角ばった形状をしていることが分かります。エッジパーツの先端が特に異なっています。またコーナーパーツを分解するとYuLongが3つ、ChiLongは2つのパーツで構成されており、こちらもChiLongにはつなぎ目の溝がほとんどありません。引っかかりの少なさの理由はここからも見て取れますね。








しかしここまではあくまで僕の主観です。引っかかりだの軽快だの言っていますが、基本の特徴は似ているので一概には言えません。両方とも現在1,000円で販売されており、競技用キューブになり得る製品のなかではお手頃な価格です、2つとも買ってみて試してみてもいいかと思います。



余談ですが、MoYuとYJは個包装箱が似ていることからも分かるように同じメーカーからの商品です。というか、元々YJすなわちYongJunというプラスチック製品を製造するメーカーから発展したもののようで、キューブの他にもSpeedStacksやヨーヨー、スケートボードなども取り扱っているみたいです。MoYuはキューブ製品のなかでも早解きに特化した製品群を指します。MoYuは発展しすぎて専用のWebサイトまでありました。

暇な人は覗いてみてもいいかと。

「ShanTou YongJun Plastic Factory」
http://www.yongjuntoys.com/cn/index.asp

「MoYu 魔域文化」
http://moyutoys.com/cn/index.asp





写真 2014-05-04 午前1 10 40タイトルにもありますが、今回はMagicも買ってみました。正確には「RUBIK STUDIO Rubik's Magic」です。どちらかというとこちらのほうを楽しみに待ってました。


8枚の正方形パネルで構成されるこのパズル。1986年と書かれていますが結構昔からあるんですね。


ハンガリー製なのでどこもかしこもハンガリー語。何も読めないので主要なところだけGoogle先生に翻訳してもらいました。






写真 2014-05-28 午後9 24 02「BÜVÖS NÉGYZETEK」は「魔方陣」だそう。......そうなのか。。。?

上にある「KARIKAVARÁZS」は「魔法円」。。。いやいやいや、と思って適当に検索かけたらこれがどうもMagicを表すみたいです。ハンガリー語むずかしいなー(こなみ










まあtriboxでも難易度1になってたしパズル的には簡単なんでしょ、、、とはいかなかった。一度スクランブルすると結構先が読めない奇怪な動きするし、割とくせ者です。ルービックキューブ(難易度3)には及ばないにしても難易度最低ランクではない気がするんだけどな。。



動きは特に問題なし。商品紹介にも「競技用」という記述がある通り、パタパタ気持ちよく動かせます。



遊び方はスクランブルしてもとに戻すのと、3つの輪をつなげたり戻したりする2種類ってことでいいんでしょうか。。Magic新参者なのでよく知らない。後者は結構楽しいです。YouTubeにも解説ありました。






買ってから毎日パタパタやってます。キューブとはだいぶ違うので気分転換になりますね。パネル12枚のMaster Magicは気が向いたらやってみようかな。。高いし。




何だか長文になりました。sub20安定に向けてこれからも練習積んでいきます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。