cubeRoid
2017年06月 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 開封の儀!TOPUnboxing ≫ 開封の儀!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

開封の儀!

写真 2014-03-10 午前11 54 10
3月末とかいいながらエイプリルフールも通り過ぎてしまいました。さて、キューブ解禁とともにキューブ購入ラッシュが始まり、やっと一区切りついたえすぷれです。

10ヶ月ほどのブランクのうちにキューブの種類もブランドも増えたため、手に入れたいものが数えきれないほどになってしまいました。


本来ならここである程度踏みとどまって厳選するのが普通ですが、ため込んだ欲望に負け、結局注文の数はtriboxと51morefun会わせて4回にのぼっています。パズルは10個以上増えました。


今回はその開封の儀を書いていきます。


----------------------------------------


・1回目 3月2日 tribox

3x3x3のみ3種類購入しました。

写真 2014-03-22 午前2 47 13
まず今話題のMoYuブランド「MoYu WeiLong V2」とFuns Puzzleの「ShuangRen」。それから王道の「DaYan ZhanChi」。それとプラスチックスクレーパーと転写シート。

ステッカーもちょっと。ステッカーはいままで蛍光色ばかり使ってきていましたが、ブランクをはさんだこの機に少し考え直してみました。特に黄色とオレンジは2つとも蛍光にすると判別が厳しいと思うようになってきたのです。というのは、回すのが遅かったこれまでは多少似ていても見分けられていたのですが、スピードが上がるにつれ間違えるのが増えてきたということです。嬉しい変化ではありますが笑

カラーチャートとにらめっこして比べながら、全ての色を検討し直しました。


…んで、結局黄色はそのまま蛍光。オレンジは蛍光Light Orangeだったのを蛍光Orangeに変更しました。オレンジを少し濃いものにして判別しやすくしただけで蛍光に変わりはないですが、見分けには十分でした。大きく変わったのは意外にも赤と青。赤もいままでは蛍光Redでしたが、triboxのデフォルト配色(tribox6)にも入っている032 Light Redに変更しました。

写真 2014-03-22 午前5 43 13
左がオレンジ・赤ともに蛍光のもの、右が変更後のものですが、右の赤はだいぶ蛍光より濃くなります。しかし蛍光のオレンジと赤、結構紛らわしいレベルに似ていました。赤を濃くすることでこの問題も回避。同じ理由で青も鮮明Blueに変更。いままでは少しでも明るい青にしようと056 Ice Blueにしていましたが、結局見づらさを助長しているだけでした。鮮明Blueは特別色として蛍光色と一緒に扱われているものの、どちらかというと”濃い青”といった印象です。蛍光Greenと合わせるとだいぶ印象が違います。

ということで配色はこれで落ち着きそうです。今まで意味も無く明るい色にこだわりすぎていました笑


ShuangRenも同じ配色にしました。WeiLongは貼り替えサービス非対応なので保留。しかし今はこのWeiLong V2がメインになってます笑 詳しいことは後日。


・2回目 3月7日 tribox

写真 2014-03-23 午前9 55 00
次も3種類。「MoYu AoSu」の原色がちょうど発売日だったので即決。それと「mf8 Square-1」、アウトレットの「Edison 3x3x3」。と、カラーチャートのブラックバージョン。

写真 2014-03-16 午後2 23 08
AoSuには一部蛍光が含まれるクオリティーの高いステッカーが使われています。青面にはスカイブルーともいうべき鮮やかな色合いで気に入りました。triboxでいう052 Azure Blueをもうちょい映えるようにした感じでしょうか。

写真 2014-03-30 午後11 29 04
白面センターには「魔域」ロゴ。


続いてmf8 Square-1。54x54x56[mm]の直方体になっています。触ると何となく分かるくらい。配色は先述の通り。公式競技の中でもひときわ異色の雰囲気を放つこのパズルは前から欲しかったものです。


そして、たぶん一番「なんで買ったんだ?」ってのがEdisonでしょう。数年前に使われていた競技用キューブですが今はまったく見なくなったものです。


買った理由は、ただ「安かった」のと、ある動画で「このキューブの存在を知っていたから」というだけです。物珍しさと衝動です。

写真 2014-04-20 午後7 28 21
ステッカーセット買ってありますがまだ貼ってません笑


・3回目 3月10日 51morefun

海外サイトでの買い物は2回目です。全部ShengShou狙い。

写真 2014-03-22 午前9 06 17
箱がでかい。こういう時はわくわくしてムダに時間かけて開梱するのが僕の癖です。

写真 2014-03-31 午後11 33 55
どうも逆に開けていたみたい。

写真 2014-04-03 午前0 55 08
とりあえずShengShouの4x4から7x7まで。

写真 2014-03-22 午後10 52 57
それからミラブロこと「Mirror Blocks」と「Pyraminx」

7x7は調整が難しくて未だにうまくできていません。ネジを緩めるとセンターキャップが浮いてしまったり、何だかうまくいきません。センターキャップ削ったりするんかな。。。

7x7はminiじゃないです。高かったし手は大きいほうなので大丈夫かと思いましたが、やっぱりminiのほうがよかったのかも...


写真 2014-04-04 午後6 43 15
そのまま適当に回してたらこんななって焦った。

写真 2014-03-28 午前7 24 35
ShengShou製品は潤滑剤が塗布されまくっていて、表面はいつもテカテカです。仕方ないから全部拭きます。


・4回目 3月27日 tribox

つい先日の注文です。今回も3種類。送料無料になる5000円を突破しようとするとだいたい3つくらいがちょうどいい。3回ともすべて5000円台というtribox泣かせの買い物をしてしまいました。

写真 2014-04-13 午前2 24 21
「LanLan Skewb」「DaYan ZhanChi 2x2x2」「DaYan Megaminx(Ridge)」です。

とりあえずこれでClockを除く公式競技のパズルは揃いました。


ひとつ気付いたこと、Megaminxのパッケージに書かれた文字。

IMG_0020a2(2).jpg
これは51moerfunに掲載されている外装の画像ですが、側面も上面も「DaYan Megamix」となっています。以前からなかなかの誤爆だなと思っていたんですが、購入したMegaminxのパッケージはというと、

写真 2014-03-21 午後5 01 06
しっかり直されていました。至極どうでもよかったですが笑

Skewbは予想より大きかったのが印象的でした。普通の3x3x3と同じだったとは。それにコーナーの三角パーツが単独で回らなかったのも意外。Pyraminxのようにはいかなかった笑



以上、新しく購入したパズルでした。えすぷれご満悦。


----------------------------------------


ブランクをはさんだことで3x3x3の記録が上がってきています。F2Lの先読みが前より速くなった気がするのでそのおかげかも。
3x3x3 Single PB
フルステ単発16秒やLL Skipで13秒が出たり、RA of 5は18秒台もありました。WeiLong V2様々です。

少しずつ1Lookで対応できるOLLを増やしていきたいと思います。結局「金沢花見大会」も大学の新歓合宿で行けなくなってしまったので、大会初参加はいつになるのやら。。。


初参加で単発Sub20、あわよくば平均Sub20出せないかな。。。練習積んで臨みます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。