cubeRoid
2017年10月 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ Rubik's Cube Revenge 4×4×4 分解方法TOPFeatures ≫ Rubik's Cube Revenge 4×4×4 分解方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Rubik's Cube Revenge 4×4×4 分解方法

前回4×4×4を紹介した中に、分解方法を説明しようと書いていたらやたらと長くなってしまったので、もう一つ記事を書くことにしました。

メンテナンスなどの参考にしてください。

PLANET PUZZLEさんの記事などを参考にしています。




まず取っかかりが重要。てかここが一番大事w
画像で説明できるか不安だ。

まず両手の親指・中指・人差し指でU面・D面の4つのセンターキューブを持ちます。


そして右半分、左半分の2列を別々にぐるぐるぐると順番に回してみてください。びみょーにですが人差し指・中指に、センターキューブが上下していると感じられる方がありませんか?ほんとびみょーに。うねうねって。


分解はこの感覚があった方の2列から始めます。

感触があった方の面のエッジをそのままの状態で1つ外してみましょう。「そのまま」というのは、3×3×3を分解するときのように45°ずらしてみたりはしないということです。
外し方としては、指でパコッといける場合もありますが、もし指を痛めそうであれば厚紙などを巻いたドライバーを使ってください。パーツの間に入れて、てこの原理で外すことができます。厚紙はキューブを傷つけないためです。

この画像のように外してください。もう一度言いますが、くれぐれも感触が無かったほうから外さないように!固いなと思ったら確認してください。

壊れても責任は負いませんよ。ww


んーなぜこんな面倒なことをするのかというと、分解してみれば分かるんですが4×4×4はキューブ全体を支えるコアが無いため、代わりに支える物として中心にボールが入っています。

センターボールといい、このボールに刻まれた溝の上を4つのセンターパーツが滑っているという構造になっているのです。

そしてなぜか、センターボールと一緒に回る2列と、独立して回る2列が存在しているので、独立しているほうから分解するということになります。センターボールと一緒に回る方から取ろうとすると、パーツの足が折れる危険性があるからです。

それを見分ける方法が両側2列をぐるぐる回して感触のある方が… なのです。
このへん理屈だと分かりにくいので、とにかく感触を頼りに外してみて、コツをつかんでください。

1つ外すことが出来れば、あとはバラバラバラと取れていくと思います。ただ外していく時にあとで組み立てやすいように層ごとに分けておきましょう。

全部分解するとこんな感じです。

ボールによくバリ(引っかかりの原因になる小さな出っぱりとか)があるので、800~1000番くらいの紙やすりで削ったりしてください。パーツもたくさんありますが、バリ取りなどしておくといいと思います。


さて、組み立てです。スプレーとかグリースをやりながら組み立ててください。

ちょっとこのあたり写真を撮っていないので、文章で何とか理解してもらえるように頑張ります(^^;;

まず1層目。支えが無いぶんちょっと大変です。
まずセンターパーツ4つをボールにはめ込みます。パーツに向きがあるので、いろいろやってるとうまくはまるとおもいます。

はめたら、そのままだと動いてしまうので4つまとめてセロテープか何かで軽く固定してください。あとでステッカーが剥がれないように軽くで大丈夫です。

固定したらエッジとコーナーをはめていってください。この時も時々セロテープで動かないようにしていきながらやるとはめやすくなると思います。

1層目が終わるとこんなスタンドみたいにwww


では2層目。センターパーツから入れていって、コーナーをはめてください。このへんは順調にいけると思います。2層できると割とキューブ自体しっかりしてくるので、3、4層と進んでください。


さて、最後の関門は4層目終盤です。ここで壊れることもあるので要注意!
4層目に入ったら、先程のようにどっちがセンターボールと一緒に回る方か確認しながらやりましょう。

そして最後のパーツになったとき、独立して回る方を残すようにしてください。

この画像で言うと、左半分が独立して回る方です。この状態にしてください。

理由は同じ。はめ込むときにパーツの足が折れないようにするためです。


確認して、正しいことが分かったらパチッとはめてください。これで完成です!最後にセロテープを取ってちゃんと回ることも確かめてくださいね。



さて、、、、
結構複雑というか分かりにくかったかもしれませんが出来たでしょうか?

回しやすくするためにはメンテナンスは欠かせないので、これを参考にやってもらえたらなと思います。


質問などあれば遠慮なくコメント欄やTwitter(@espr_cubes)でどうぞ!!
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。