cubeRoid
2017年06月 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ Rubik's Revenge 4×4×4 [MegaHouse]TOPPuzzle Reviews ≫ Rubik's Revenge 4×4×4 [MegaHouse]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Rubik's Revenge 4×4×4 [MegaHouse]

先日初めてWebのJapan Contestに参加しました!


今日11/4は東京足立区でJapan Contest 2012が行われる日で、Twitterのフォロワーの皆さんの多くが出かけているみたいです。僕は遠いし実力もまだまだなので出ませんwww 会場の雰囲気とか味わってみたいなー笑

とにかく出場される方頑張ってください!


えーと、今日はまたキューブを紹介します。今回は純正のRubik's Cube Revenge 4×4×4です!再び純正品ですみません。。。

たぶんこれも触ったことある人多いんじゃないかな(^^;;

分解もしてみたので、それも合わせて書いていきます。メンテナンスとかの参考になれば嬉しいです。



【Rubik's Cube Revenge 4×4×4 [MegaHouse]】

パッケージがやたら豪勢になったリベンジです。キューブはこんな感じ。

説明には「難しさは3×3の100万倍以上」と書いてありますが、それは組み合わせの数からみた話であり実際やるのはそこまで大変ではありません。


解き方としては中心の4つのパーツを3×3×3のセンターキューブと見立てて、最終的に3×3×3の状態にして仕上げるというプロセスなので、3×3×3の形に持っていくやり方さえ身につければ解けます。

逆に言えば3×3×3が出来ないと解くのは厳しいんですがw


特徴としては、まず3×3×3に慣れた人には大きいし重いと感じられます。当たり前ですけど笑 純正はどちらかというと重い部類に入るのかな。

パッケージから出したすぐは回転も重くて回しにくいです。パーツが多い分引っかかりがあるんだと思います。


というわけでスプレーとかやりたくなるんですが、3×3×3のように簡単にエッジがパコッと外れてはくれないので、ちょっと工夫が必要になります。


ではでは、分解の説明を少しだけ。といきたいところなんですが、長くなったので1つのページにまとめました。分解方法はこちらをご覧ください。

>>>Rubik's Cube Revenge 分解方法


んー純正品なので材質もステッカーも同じだからあまり説明することがない笑


もうこのくらいで、、、、、、




いっかwwwwwwwwww


構造などは分解してみるとよく分かります。分解方法のページをご覧くださいね。




【Cube Details】
・Name - Rubik's Revenge 4x4x4
・Manufactured by : Rubik's
・Size[mm] - 65*65*65
・Weight - 184g
・Price - ¥2,940(tax included)
(2013年9月8日現在)

関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。