cubeRoid
2017年10月 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ DaYanメンテナンス方法TOPFeatures ≫ DaYanメンテナンス方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

DaYanメンテナンス方法

今回はメンテナンス。未熟者の自分が解説するのもあれですが、いつもやっているメンテナンスをメモ書き程度に残しておきます。

DaYan ZhanChiを使っています。DaYanシリーズには対応していますが、他メーカーのキューブにはそれぞれ異なる特徴があります。気をつけるところはそんなに変わらないと思うので臨機応変にやってください。

※以下は僕がやっている方法です。正式なやり方というのは聞いたことがないので、自己責任でお願いします。

メンテナンスは3ステップでやっています。

1.汚れをとる
2.シリコンスプレー
3.グリース

3はたまに省略しますが(^^;;



【Step 1】分解して汚れをとる
まずは潤滑剤を塗布する際に邪魔になる汚れを取り除きます。DaYanなどセンターパーツの四隅に大きな穴があいているものは、そこからゴミが入り中にたまりやすいです。そうでないキューブでも回しているうちにホコリがたまってきます。

キューブを分解しましょう。

分解の仕方は特に決まりはないですが、DaYanにはpop防止のTパーツがついているのでちょっと外しづらくなっています。DaYanのエッジを外すときは、45°回して親指を下にいれ、

ひねりながら外します。

小さいパーツですがそう簡単には割れないので多少強引でも大丈夫だと思います。

それでも固いと指が痛いので、その時はマイナスドライバーの先を厚紙などではさみ、エッジの下に入れててこの原理で外すこともできます。厚紙はキューブを傷つけないためです。ただ何か危なげないので、センターのネジを緩めて外したほうが無難な気もします(^^;;


最初にコアからみていきます。ホコリがたまっていたらティッシュか何かで拭き取ります。拭き取れるものなら何を使っても大丈夫だと思います。


エッジ。ZhanChiは全体的にいびつな形をしているので、くびれているところにはホコリがたまりやすくなっています。全部きれいに拭き取りましょう。

コーナーも同じくくびれの部分は汚れるので拭き取ります。

ここで終わってもいいんですが、DaYanのパーツは2,3個のパーツが組み合わさって作られています。


↑画像はDaYan GuHong plusのパーツです。

ゆえにパーツの接着面にもゴミがつまりやすくなっており、僕は時間があればこれも掃除するようにしてます。接着面といっても本当に接着剤でくっついているわけではなく、ただはめ込んであるだけなので普通に外れます。

きれいになったらパーツを組み立てます。この時は色を気にせずにはめていきます。

エッジパーツ残り1個のところまで組み立てたらStep 2です。


【Step 2】シリコンスプレー
スプレー登場。これは潤滑剤と呼ばれるもののひとつで、その名の通りパーツ同士の滑り具合を調整します。シリコンスプレーはホームセンターとかならどこでも売っているので、「プラスチック可」かどうかを確かめて購入してください。200円くらいで買えます。延長ノズルがあったほうがやりやすいですね。「5-56」とか有名ですが、これには溶剤が含まれているためプラスチックを侵すので厳禁!

こちらに分かりやすい比較の知恵ノートがありました。
>>>「潤滑スプレーの用途ごと使い分けテクニック!」

塗布する場所は人それぞれですが、僕はパーツとパーツがこすれる所を中心にスプレーしてます。

かけ過ぎ注意なので、1,2回シュッてやるくらいで十分だと思います。かけたらパーツを戻してキューブを解きながらなじませてください。

この時点で十分回るキューブが出来上がっていると思いますが、ダメ押しでもう1工程あります。やりたい人だけでいいと思います(^^;;


【Step 3】シリコングリス
またもシリコン登場。これも潤滑剤のひとつで、塗り過ぎには注意です。

エッジをひとつ外して、コーナーと接触する場所に塗ります。

ZhanChiではくびれの部分に隙間があって、手前と奥の2箇所で接していますので、ここにグリースを塗ることになります。

塗るときは爪楊枝を使っています。とにかく量を気をつけなければならないので、楊枝の先に米粒くらいつけてから塗ります。エッジに塗れば十分なのでそのままパーツを戻してなじませます。

スプレーだとただ滑るだけですが、グリースを塗ることでニュルニュルした感じになります。個人的な感想ですが。分かりづらい(^^;;


こんな感じでメンテナンス一通り終了です。メモ書き程度といいながら結構長くなりました(^^;;

参考になれば嬉しいです。


P.S.
DaYan 6 PanShi"磐石"」が発表されました!ZhanChiとLunHuiを合体させたものらしいですが、まだ詳しいことはわかりません。

発売が待ち遠しい!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

EDIT
参考になった!ありがとう!
2013年02月03日(Sun) 12:28
No title
EDIT
シリコンスプレーやシリコングリスはどこで買ったものか教えていただけたらうれしいです
2013年02月17日(Sun) 07:15
管理人です。
EDIT
にこるさん コメントありがとうございます。

シリコンスプレーはホームセンターに行けば必ず売っていると思います。記事にも書きましたが、「5-56」のように素体を溶かしてしまうようなものもあるので「プラスチック可」かどうかだけ気をつけて探してみてください。

シリコングリスは近くで売っていなかったのでAmazonで注文しました。「デイトナ : シリコングリース」です。中身の色が2種類ありましたが、透明のほうが見栄えに支障がないと思います。


分からないところなどあればいつでもコメント欄にどうぞ。
2013年02月17日(Sun) 10:16
回答ありがとうございます
EDIT
シリコンスプレーはプラスチック対応だけ注意すればいいのでそこらで買えますけど、シリコングリスは用途によってまったく違ったりするんじゃないかなと思ってどれを買ったらいいかわからず不安でした。
Amazonで「デイトナ:シリコングリス」というものがあるということでそちらを買うことにします!
大変参考になりました!ありがとうございます!!
2013年02月18日(Mon) 16:05
No title
EDIT
すごく参考になりました。ありがとうございます!
一つ質問なのですが、コーナーの分解の際は何か細いものでも使っているのでしょうか?
それとも何かコツでもあるのでしょうか?
 よかったら教えてもらえないでしょうか?
2014年02月12日(Wed) 23:30
Author
EDIT
つきもさん コメントありがとうございます。


僕の場合、コーナーパーツは道具を使わなくても両手で引っ張れば2つに分かれました。特にコツといったものはありません。triboxで購入したDaYanでしたら、ただ部品を合わせてはめ込んであるだけなので手でも分解できると思います。

ただtriboxでは特別な工具を用いて組み立てているそうですので、固い場合もあるかと思います。指を痛めないように根気良くやってみてください。少しでも隙間ができれば爪楊枝などを使って外せます。


只今活動休止中で手元にキューブがないため、具体的な回答ができず申し訳ありません。何か不明なことがありましたらお気軽にコメント欄やTwitterでご連絡ください。できる限りお答えします。
2014年02月12日(Wed) 23:54
No title
EDIT
回答ありがとうございます!
道具を使うと傷つけそうで怖かったのですが、手で少し強めにしたところ結構簡単に取れました。

それとTwitterをフォローしたいのですが、見当たらなかったのでできれば教えてください。

受験中とのことですので無理に質問を返してもらわなくてもいいです!
でもできれば手が空いたときにでもお願いします!!
2014年02月13日(Thu) 00:16
Author
EDIT
無事成功されたようでよかったです。プラスチックですが意外に頑丈なので、多少の無理は試す価値ありますよ。

Twitterは「@espr_cubes」で検索してみてください。「えすぷれ」の名でやっています。

ブログの更新やキューブの練習などは停止していますが、記事に対するコメントや質問は随時受け付けていますので気がねなくどうぞ!
2014年02月13日(Thu) 00:23












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。