cubeRoid
2017年08月 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ CCT(CalCubeTimer) feat.STACKMAT PROTOPSpeedcubing ≫ CCT(CalCubeTimer) feat.STACKMAT PRO

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

CCT(CalCubeTimer) feat.STACKMAT PRO








2014.11.10 追記

SMP CCT

書き直しました。上の画像からページ移動できます。











ついに……ついに…



STACKMAT PROとCCTを接続するときがやってきました!!!!笑


Twitterのフォロワーさんにも様々なアドバイスを頂き、部品が揃った本日ついに接続!


やり方含めて結果報告します。
使用PCはiMac (Mac OS X 10.7 / Lion)です。Windowsは確認していませんが、やっている人はたくさんいるのでできると思います。そこまでやり方は変わらないと思うので、なんとか模索してみてください(^^;;



スタックマットのプロタイマーには、手前のところに出力端子がついています。

もともとこれはトーナメントディスプレイと接続するためのものなのですが、わざわざ買うのもあれなのでタイマーソフト「CCT(CalCubeTimer)」を使ってPCをディスプレイ代わりにしてしまおうという試みです。

使った部品はこれです。


新たに用意するのは2つだけ。「3.5mm⇔3.5mm オーディオケーブル」「2.5mm(ステレオ超ミニ)⇔3.5mm(ステレオミニ) プラグアダプター」です。


・オーディオケーブル(3.5mm⇔3.5mm)
【audio-technica AUDIO CABLE for CAR (AT-CA44S/1.5)】

どちらかがL字型になっていたほうがより良いです。タイマーにつなげる方をL字型にすれば計測の邪魔になりません。

・プラグアダプター(2.5mm⇔3.5mm)
【Victor•JVC プラグアダプター (AP-127A)】

プロタイマーの出力端子は2.5mmのステレオ超ミニで、PCのほうは3.5mmのステレオミニタイプなので、アダプターで2.5mmを3.5mmに変換してから接続します。

ケーブルは近所の家電量販店、アダプターはAmazonで購入しました。


まずはケーブルとアダプターでタイマーとPCを接続しましょう。

PCには外部入力のほうに挿すので間違えないように。

とりあえずタイマーの電源は切ったままでPCを起動し、「システム環境設定」を開いてみてください。



「ハードウェア」の列の「サウンド」をクリックし、「入力」タブを選択します。



下に入力音量と入力レベルがありますよね。
タイマーの電源を切っているときはレベルは0です。


電源をつけてみると、レベルがぐんとあがります。こうなったらしっかり接続できている証拠です。

確認したら、CCTを起動しましょう。

左上の「File」から「Configuration」をクリックし、これの「4 Stackmat Settings」を選択します。


Mixer 1を選択します。


その上にある3つのチェックボックスをすべて選択します。これはタイム表示に関係するようです。

他は特に変更せず、「Save」で変更を確定します。

そのあと、「Options」から「Keyboard Timer」→「Use keyboard timer」のチェックを外します。


右上に「Keyboard Disabled」の表示が出たらOKです。



さあいざ!!!


動いた!


止める!タイム合ってる!成功!!



プロタイマー V3から1000分の1秒まで表示されるようになりましたが、ディスプレイ上では100分の1までです。

いやーこれで計測楽しくなる!!タイマーとPCがある方はぜひやってみてくださいね!




【Postscript:追記】
その後、何度か接続して計測してみましたが、たまにPCと接続した時のみタイマーのセンサーが反応しなくなるケースが発生しました。

Twitterで「電池消耗の可能性がある」と助言を頂いて電池(CR2032)を交換したところ、その時は直りましたがその夜また同じ症状が起きてしまいました。
今のところ原因不明です。しかし当たり前ですがタイマー製造側はCCTとつなぐ事に動作保証していないので、何らかの不具合が出ても仕方のないことです。

以後改善策を見つけたら補足します。またこのことで何かご存知の方がいましたらぜひコメント or Twitter(@espr_cubes)で教えて頂けるとありがたいです。


そしてそして…
【追記】この話題には実は続きがあります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

参考にさせていただきました
EDIT
こちらのブログを参考にさせていただき、タイマーとPC接続を試みましたが、最初は全然できなくて試行錯誤してやっと上手くいました。
・まず、XP機からwin7機にかえて
・オーディオデバイスマネージャの録音レベルやエフェクトオフを適当に設定して
・プラグアダプターをビクターのAP-127AからソニーのPC-260MSにかえたらスタックタイマーとPCが繋がりました。
2013年02月10日(Sun) 07:04
参考にさせていただきました 2
EDIT
ビクターのプラグアダプター(AP-127A)はstereo⇔stereoなので、
モノラルのオーディオケーブルを使うと上手くいきました。
ソニーのプラグアダプター(PC-261M や PC-260MS)は差し込みピン自体がモノラルなので
stereoのオーディオケーブルを使っても上手く行きました。
上手く行かない場合は、間にモノラル変換させるものをかませるといいかも。
とはいっても、うちのWIN7機(64ビット)以外でCCTは全く動きません^^;
XP SP3 32ビットだと、過去のバージョンのCCTなら動くのかな?
パソコンのサウンドカードに問題があるのか、それともピンジャックの接触が悪いのか、
オーディオドライバのバージョンを変更すべきなのか、近くに電磁波ノイズを発生する機器があるのか、
何らかの原因でノイズを拾ってしまって、スタックタイマーの信号をパソコンに正確に送っていないのかもしれません。
しかし、全ての相性問題を解決しようとすると、お金と時間の無駄になりますから程々にですね^^;
とても勉強になりました。どうもありがとうございました\(^ω^)/
2013年02月10日(Sun) 08:00
参考にさせていただきました 3
EDIT
CCT Readme FAQsをグーグルで翻訳して読んでみました。

ttp://cct.cubing.net/readme.html

特定のOSとサウンドカードの組み合わせによっては動作に失敗するようです。
いわゆる相性問題というやつでしょうか。
プラグアダプターやコードを交換しても駄目な場合の解決方法は、
OSやサウンドカードの交換、最適なドライバ探しなど、面倒くさい感じがします。
深く追及するとこの問題にハマって時間の無駄になりそうなので、
スタックタイマーと接続がうまくいかないパソコンは僕も諦めることにしました。
2013年02月10日(Sun) 09:46
管理人です。
EDIT
スタックタイマー初心者さん、コメントありがとうございます。

実はこの記事を書いたあとアダプターもケーブルも買い換えてみたのですが、うまくいきませんでした。スタックタイマーが変な挙動をするんですよね。。。

ひとつお聞きしたいのですが、使用なさっているスタックタイマーは最新のバージョンのものでしょうか?どこのサイトか忘れてしまいましたが、現在売られているタイマー(STACKMAT PRO)は今のところCCTには非対応と書いてあるものを見て、僕は仕方なく諦めました。もしお使いになっているタイマーが最新のバージョンならちょっと気になります(^-^)

何らかの電磁波で妨害を受けているというのはあり得る気がしました。机の照明の近くではラジオにノイズがはいることがありますが、同じ理由で変に影響していたのかもしれません。OSの問題もありそうですね。Macですので何とも言えませんが、サウンドカードなどをいじってみたりするのはおっしゃる通りお金と時間の無駄になりそうです(^^;;

僕としてももう一度調べてみることにしますm(_ _)m
2013年02月10日(Sun) 12:14
参考にさせていただきました 4
EDIT
>使用なさっているスタックタイマーは最新のバージョンのものでしょうか?

最新かどうかは分かりませんが、つい最近、スピードスタックス ジャパンのサイトで買ったスタックマット・プロです。
管理人さんのと同じ色と同じデザインのもので、裏にDATE:April 2012と書いてあります。
僕のパソコンのOSはWin7Professional64bit、CPUはi7-2700K3.5GHz メモリ16.0GB
マザボはP8Z68-V/GEN3で、サウンドカードは付けていません。
スタックタイマーとPCを接続するために使用したプラグアダプタはソニーのPC-260MSで、
オーディオケーブルはオーディオテクニカのAT344Aです。
これでCCT-0.9.5はちゃんと動きますが、Prisma Puzzle Timerではスタックタイマーを全く認識してくれません。
しかし、管理人さんのタイマーのセンサーがパソコンと繋いだときだけ反応しなくなるのは謎ですね。
もしかしたら、パソコン側からタイマーの方に電気信号が送られていて、センサー機能を邪魔しているのかもしれませんね。
2013年02月11日(Mon) 00:26
管理人です。
EDIT
<i>スタックタイマー初心者</i>さん 返信ありがとうございます。


僕と同じタイマーのようですね。裏面にApril 2012という表記もありました。

そうなるとCCTのほうは新しいスタックタイマーにも対応していることになるので、僕が出来ないのはPC自体かスタックタイマーに問題があると言えるようです。しかし改善策が今のところ思い浮かびません(^^;;

いまAppleのサポートコミュニティにiMacの入力端子について質問を投稿しました。もしおっしゃる様に電気信号が逆流しているようなら、改善する余地はあると思います!只今回答待ちですので、また何か動きがあればコメントか記事を上げますね。
2013年02月11日(Mon) 12:54












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。