cubeRoid
2017年10月 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ スタックマット購入!TOPUnboxing ≫ スタックマット購入!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

スタックマット購入!


高校生のくせにクリスマスの名目で注文したスタックマット(STACKMAT PRO)が一昨日届きました。親が半分以上出してくれたので、何事も言ってみるものです。


いろんな動画を見ていると大きく見えたスタックマットですが(個人的に)、届いてみると意外に小さい印象でした。持ち運びやすいからいいんですけど。

専用バッグが付属します。

タイマーは基本構造は前バージョンと同じで、リセットボタンと電源ボタンがあり、下にはメモリー機能を呼び出すためのボタンが付いています。デザインが青を基調とした新しいものに変わっていました。


マットも形状が少し変わり、デザインもタイマーに合わせて変わっています。材質はマウスパッドみたいな感じ。元々ルービックキューブ用に作られたものではないので、あまり柔らかくはないです。完成してバーンとかキューブを投げたりするのはよろしくないかと思います。タイマー自体が精密機械なので、キューブをやたらぶつけると壊れるという話も聞いたことがあります。


使い方は何も変わらず。

1. 電源ボタンを押して電源を入れる。


2.リセットボタンを押してタイマー表示を0.000にする(V3から1000分の1秒まで計測できるようになりました)。

3. 両手を置く→赤のランプ点灯

↓ 1秒後 ↓


4. 緑のランプが点灯したら手を離して計測開始

↓ 赤と緑のランプ点滅 ↓


5. 両手を置いたら計測終了

流れはこんな感じです。大会でもスタックマットは使われるので、慣れるためにも日々の練習に1台持っていたほうがいいんじゃないでしょうか!


一応進学校の高校生なので、勉強に支障が出ない程度に頑張っていこうと思います。

といっても、タイマー買っちゃったからなー。。。危ないなー。。。_(•ω•」∠)_


現在タイマーをMacにインストールしたCCT(CalCubeTimer)につないで使えるようにしようとしています。成功したらまた記事を書きたいと思います。




【STACKMAT PRO】
・Manufactured by - Speed Stacks, Inc.
・Price - ¥5,100- (tax included)
(2014年1月12日現在)


[Speed Stacks] STACKMAT PRO V3
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。