cubeRoid
2017年06月 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ TheCubicle.usからはるばるキューブとかがやってきたので、いわゆる開封の儀をしてみました。TOPUnboxing ≫ TheCubicle.usからはるばるキューブとかがやってきたので、いわゆる開封の儀をしてみました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

TheCubicle.usからはるばるキューブとかがやってきたので、いわゆる開封の儀をしてみました。

TheCubicleusからはるばるキューブとかがやってきたので、いわゆる開封の儀をしてみました。


昨日TheCubicle.usより注文していたパズルが届きました。注文から到着までの道のりはUSPS初利用の感想も含めて別記事にしています。


ではいわゆる開封の儀を開始しましょう。


IMG_2530.jpgこんな感じの小包です。















IMG_2550.jpgTheCubicle.usのカードが入っていると期待してたんですが、かわりにレシートらしきものが同封されていました。














そして購入したものはこちら。

IMG_2531.jpg



なるべく最近発売され、なおかつtriboxで発売されるかどうか確証のないものを選びました。MoYu系列の新作「Cong's Designs YueYing」や「YuXin 3x3」「YuXin 4x4」はあえて外しています。


ひとつずつ詳しく見ていきたいと思います。





Newisland Phoenix [$17.00]



IMG_2542.jpg最近話題になり始めた新星キューブ。「New Island Development Holdings Ltd.」という中国の企業が製造しています。Flash盛りだくさんの公式サイトはこちら


YouTubeにも多くのレビュー映像があげられていますが、注文時に調べた限りではAmazon.comとTheCubicle.usくらいしか購入できるところがありませんでした。そしてAmazon.comでは日本への発送ができない商品となっていたため、現実TheCubicle.usが日本からの唯一の購入手段となっています。




【追記 15/05/08】
4月22日より日本のAmazonでも販売が開始されました。こちらからどうぞ。


しかし実はこちらは次に紹介する「QiYi Bullfight 3x3」のOEMであり、大きめの箱やその他付属品を豪華につけたリブランド製品です(TheCubicle.usの商品ページより)。キューブ自体は外見がまったく同じでした。



ですので、内部構造などは次と一緒に見ていくことにします。


付属品と箱だけ触れておきます。上の画像をクリックすると別タブで閲覧できます。

まず個包装箱。「Newisland」のロゴは浮き彫りで表現されており、妙なこだわりが見られます。側面にはルービックキューブ調の画像が印刷されています。


次に解説書と、サポートのメールアドレスなどが書かれた二つ折りのカード。


そしてメッシュのキューブバッグがひとつついてきました。なかなか高品質です。



IMG_2543.jpg非常に充実した内容ですが、致命的なミスを発見してしまいました。ステッカーの貼付けが青と緑で逆になっています。キューブ専門の企業ではないので、このあたりでボロが出てしまうんですね...

まあQiYi Bullfight 3x3と見分けがついて便利だったので結果オーライとします。








QiYi Bullfight 3x3 [$9.00]


IMG_2532.jpg「QiYi」という企業が製造するMoFangGeシリーズ最新作です。

回し心地としてはType C5 WitYou V2のカラカラ感がなくなりさらにスムーズになったという印象です。コーナーカッティングも申し分ありません。










IMG_2544.jpgNewisland Phoenixとパーツ比較をしてみました。

完全一致です。細かい溝から何から全て同じでした。



コーナーパーツをはめようと押し込んだところ、細い部分が少し曲がってしまいました。柔らかめのプラスチック素材を使っているのでしょうか。






Rephael 3x3 [$15.00]


IMG_2533.jpg調べたら公式サイトがありました。

しかし公式サイトの割には情報量が少なく、詳しいことは分かりません。














IMG_2545.jpgささっとキューブを見ていきます。Stickerlessバージョンです。


もう箱から出した瞬間、ほとばしる既視感を覚えました。YJ YuLongのブライトカラー版を完コピしています。


笑うほど一緒でした。







Formula Cube 3x3 [$7.00]



IMG_2537.jpgこちらも新しいメーカー「Formula Cube」から発売されたキューブです。

真っ黒の個包装箱で、簡易LBLの解説書がついていました。











ではここで、公式サイトにあった文章をご覧ください。
Formula 紹介文


どうやらYJが後ろにいるらしく、SuLongの発展系だということです。

IMG_2546.jpgしかし文章ではpop耐性・スムーズさが向上したと謳っていますが、実際回してみるとSuLongというよりGuanLongだろうという印象です。スムーズなのは確かですが、SuLongよりカラカラ音が強く少しチープな回し心地でした。GuanLongとSuLongの中間といった感じです。


パーツはSuLongとほぼ同じでした。


白面センターのステッカーにはロゴが印刷されています。





ShengShou 3x3 mini [$6.00]


IMG_2534.jpgおなじみShengShouの3x3にminiバージョンが出ていました。miniはminiでもかなりmini。42mmです。

51morefunの表示では「ShengShou LingLong」となっていました。個包装箱にも同じ名前があるのでこちらが正式名称のようです。








IMG_2547.jpgエッジパーツの接地面には小さな丸いくぼみが9つつけられていますが、どういう利点があるのかよく分かりません。




回し心地はAuroraなどに見られるスルスルの回転が健在でかなり気持ちいいです。Tパーツがあり、pop耐性も抜群です。スピードキュービングも十分できます。





1x1 Cube 25mm/19mm [$3.00/$2.50]


解法を知らなくたって一瞬で解けてしまう魔法のようなルービックキューブを発見しました。まさに"Magic" Cubeです。


Rubik's Puzzle」という組み立てパズルのパーツの中に1x1 Cubeがあり、ここから入手するという方法がありましたが、既に販売が終了しています。



IMG_2553.jpgまさか単体で売られているとは驚きでした。19mmと25mmの2種類があったので両方ぽちっております。ステッカー貼り付け前の状態のものを選びました。ステッカーは別で付属しています。


比較のため、横にAoLong V2を置いてます。








サイコロひとつに$3.00/$2.50と思うとかなり高額に感じますが、持ってみるとそこそこ重量感があり高品質です。碁石みたいと言えば分かりやすいんでしょうか。。笑




IMG_2554.jpgステッカーを貼り付けたので、一度やってみたかった1x1〜9x9勢揃いをどうぞ。


8x8がないのはご愛嬌。


ちなみに19mmと25mmはそれぞれ3x3と2x2キューブのパーツ1つ分の大きさです。









-------------------------------------------------------


さて、キューブは以上なんですけど、あまり感激するところもなく淡々と終わってしまいました。triboxで売らないだろうというか、売る必要がないというのが結局なところだった気がします。コピーor似ているやつばっかでしたし。

強いて言えば最後の1x1くらいならラインナップに加えてもいいんじゃないかと。


ではここからはアパレルです。

Cubicle Cube Mat [$11.00]


IMG_2555.jpg「TheCubicle.us」のロゴが印刷された黒色のマットです。大きさは25.4cm x 38.1cm。タイマーと並べてみるとこれくらいです。




裏はラバーで滑りません。厚めでしっかりしたつくりです。







Cubicle Bag [$2.00]


IMG_2551.jpgこちらはキューブを入れる巾着袋です。5x5がジャストサイズの大きさでした。


以前triboxで販売されたMeffertのものと同じベルベット素材が使用されているため、触り心地は良好です。










しかし、こんなにキューブバッグ集めて何に使うんでしょうか。僕が聞きたいです。






さてさて、開封の儀は以上です。購入したものは大して面白くありませんが、やはり海外から届いたものを開けるのはいつもと違った感覚で楽しいものです。



まあTheCubicle.usはよほどのことがない限りもう使わないような気がしますが。



おまけ


おまけ海外からの荷物には、独特の「海外のにおい」が染み付いています。風通しのいいところに一晩置いてもとれません。

特にマット系はしつこい。
















関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
EDIT
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年05月08日(Fri) 01:26
Re: No title
EDIT
gutsykitty様、コメントありがとうございます。
日本のAmazonでも販売開始されたのは初耳でした。早速記事にも追記させていただきました。期間限定とはいえかなりの格安販売になっており驚いています。

Amazonレビューを多くなさっているとのことですが、NewIsland Phoenixの日本での発売は教えていただいたAmazonが初めてのため、個人で海外から購入して日本語でレビューをしたのは私のブログくらいかと思われます。スピードキュービング(ルービックキューブの早解き競技)界隈の方でなければかなりレビューのしにくい商品のような気がしますが、海外のサイトやYouTubeには多くのレビューがあがっているのでそちらも参考になさっていただければと思います。
2015年05月08日(Fri) 02:27
NewIsland Phoenix日本出品メーカーの木村良助です。
EDIT
ご記事を拝見いたしました。
私はNewIsland Phoenixキューブの出品メーカーの木村良助です。

このキューブはいよいよ日本に登場しました。

えすぷれさんにこのキューブを送って、専門的なレビューを書いてくれませんか?

このキューブはアメリカで人気NO.1になりまして、日本にて、このような高品質なキューブを知りたい人が多いと思います。
より多くキューブフアンに、このキューブを知らせたいんです。

そして、えすぷれさんの紹介があれば、きっとより多いキューブフアンが分かります。

キューブのリンクはhttp://www.amazon.co.jp/dp/B00WHIZ616でございます。

よろしくお願いいたします。
newisland営業担当
木村良助
2015年05月08日(Fri) 13:00
管理人のみ閲覧できます
EDIT
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015年05月08日(Fri) 13:33
Re: NewIsland Phoenix日本出品メーカーの木村良助です。
EDIT
木村良助様、コメントありがとうございます。


レビューの件、私でよろしければ喜んでお受けします。

しかしAmazonにおけるレビューは初めてのため、どこまで「専門的」に書けばよいのか分からないのが正直なところです。NewIsland Phoenixはスピード競技でも十分通用するキューブのため、書こうと思えばかなり細かいところまで書くことができます。

これまでスピードキュービングの競技者向けにレビューを行ってきましたが、Amazonには少なからず一般の方も購入を検討しに来られると思いますし、どちらかと言うとそのような方々にこそレビューが必要になってくると考えられます。


市販のルービックキューブと比較しながら一般向けに書きつつ、少し専門的な部分にも踏み込むといった内容でよろしいでしょうか。


コメント欄ですと何かとやりにくいですので、よろしければ以下のアドレスにご返信いただけると幸いです。

espr.c.xx.nyaiph0ne at gmail.com
(atを@に変換ください)
2015年05月08日(Fri) 16:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。