cubeRoid
2014年10月 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2014年12月
TOP ≫ ARCHIVES ≫ 2014年11月
ARCHIVES ≫ 2014年11月
      
≪ PREVIOUS MONTH |  2014年11月  | NEXT MONTH ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

最近の新製品たち。

最近の新製品たち。編集済2



アジア大会前後に届いていた最近の新製品たちが数点あるので記事にします。さほど新しくないものもあるんですが。




はいこれだけ。

全体




画像内に書いた順にだらだらと。今回の記事より、小見出し部分にtribox商品ページへのリンクを貼りました。気になるものはチェックしてみてください。



Gans 3 V3



IMG xxxx付属品が多いため、個包装箱は縦長になっています。箱天面のQRコードはこちらへのリンクでした。


付属品は以下です。
・解説書
・プラスチック製レンチ
・貼りかえ用ステッカー








センターのステッカーが完全に円形なため、使っていてもセンターだけ回っていないように見えます。後述のMoYu DianMaと良い勝負です。またV2は61gの超軽量でしたが、V3は80gになりました。それでも軽い部類です。参考までにDaYan ZhanChi 57mmは83g、MoYuの主流機種は90g前後です。





写真 2014-11-20 午前11 16 58パーツです。前バージョンを持っていないので比較ができませんが、全体的に突起がなくなめらかな印象です。


また接地面の片方に数本の筋が入れられています。

ただのデザインかと思ったんですが、おそらくパーツ間の摩擦を減らすための工夫かと。平面と凹凸面を合わせることで接触を減らしつつも、パーツ自体の凹凸が無いため不安定感も避けるという頭脳派設計。なんという完成度。






写真 2014-11-17 午後4 50 16あと特筆すべきはこの特徴的なコアです。Octopus Coreと呼ばれるもので、前作に続く2代目です。



何をもってOctopus(8本足)なのか知りませんが、2代目コアにはリブ(コア根元の水かきみたいなやつ)が追加されたために多少タコ足っぽくなっています。透明な素材で作られていて結構綺麗なので、購入の際にはぜひ一見を。







写真 2014-11-07 午後4 34 01付属品も手は抜いてません。解説書は他社製品と比べても過去一番のクオリティーではないでしょうか。表は簡易LBL、裏面にはF2LとLLの手順がすべて書かれていました。


ステッカーセットはロゴと転写シート付きです。








Ganspuzzleは中国のキュービストである江淦源(Jiang GanYuan)に由来します。彼はAlpha Cube(Type A)創設者の一人でもあります。

以上Gans 3 V3でした。




Type C5 WitYou V2



写真 2014-10-22 午前3 48 26やや新商品のWitEden Type Cシリーズ最新作です。アジア大会でYuukiさんが絶賛してたこともあり買わせていただきました。


WitYou(智友)と名付けられています。頭良くなるんですかね。










4代目のWitLongは持っていません。比較対象にならないでしょうがC3の透明素体と比べてみると、当たり前ですがかなりの改善がなされています。

回転自体はなめらかですが、FSCなどキューブに負荷がかかる時に少しガタガタする感じがあります。コーナーカットの点で少し他の主流キューブと劣る気がします。SCK V2の上位互換...といったら怒られそうですが。

原因は下述の内部構造にあるようです。




写真 2014-11-02 午後0 53 39かなり独特です。

コーナーのかさがやたら大きく、エッジにはTパーツのような突起があります。

Gans 3 V3とは対照的にパーツの凹凸が多いため、あの回し心地になったのではないかと。










余談ですが、パーツを戻すときにエッジが異常なほどはめにくかったです。コーナーのかさとエッジの複雑な形で苦労させられました。逆に言えばpop耐性はかなりのものと言えます。



YJ GuanLong



写真 2014-11-10 午後0 08 05YJが繰り出した超安価キューブです。なんと500円。通常サイズにおいてはtribox内最安値になります。ShengShou 3x3シリーズを抜きさりました。


これぞ布教用。triboxでも100個セットまで用意されています。









パーツ比較この安さでもYJクオリティーはしっかり生きています。パーツ比較は右の通り。YuLongとChiLongの融合みたいな感じでした。

triboxの商品ページから引用ですが、「ワッシャーが無いことや、接地面が大きいため少し回転が重い」、また68gという軽量仕様になっています。

あと粗を探せば個包装箱の内側が白く塗られていないこと。安さを思わせるのはこのあたりでしょう。






コーナーカットは文句なし。初めてのスピードキューブにはもってこいの製品だと思います。



MoYu DianMa



写真 2014-11-20 午後6 43 31新商品ではございません。新感覚の製品です。MoYuから出た異色の3x3。


接地面付近に丸みが無いため、かっちりした回り方が印象的ですが、コーナーカットは良好です。


Gans 3 V3のところでも書きましたが、センターのステッカーがほぼ円形に切り取られています。キャップ自体もほとんど八角形です。





斜めとパーツ長さ謎なのはエッジパーツのデザインでしょうか。45°回すと分かりますが、内部が筒抜けです。別に中が空洞なのは他のキューブも同じなのでわざわざ主張することもないと思うんですが。

MoYuの遊び心なんですかね。

それとエッジとコーナーの辺の長さが違います。1辺が56.6mmのキューブですが、その大体の内訳は右の画像の通り。ShuangRenとは逆に中層が細長くなっています。





つっこみどころが多いキューブです。名前も他機種とは一線を画す奇抜なもの。ちょっと調べたところ、DianMa(颠马)は馬が走り去る様子を意味しているみたいです。とにかくスピードをイメージさせたかったんだということにしておきます。



MoYu Pyraminx



写真 2014-11-15 午前7 14 01続いて立方体から外れます。正四面体のMoYu Pyraminxです。箱のデザインは大きくなっても相変わらずです。

KeyHole Methodも覚えてない分際でレビューなどできるわけもありませんので、ShengShouと比べてみた感覚だけ書いときます。

素人の僕から見ても、コーナーカットや回転の軽さまでMoYuの圧勝と感じました。何と言うか、Pyraminx独特のくにゃくにゃ回る感じがさらに楽しめるようになっていると思います。




これのおかげでちょっとPyraminxやりたくなってきました。とりあえず岡さん作成のPyraminx解説書を印刷したので練習してみます。




MoYu JinZiTaどうでもいいですが、個包装箱の裏に書いてある「MoYu "JinZiTa"」は、右の画像のように「金字塔」のピンインです。

金字塔はピラミッド、つまり転じてPyraminxのことなので、WeiLongやAoLongのような固有の商品名ということではありません。










金色メッキの素体とか、メタルステッカーを貼付けてみたら面白いんじゃないですかね。Pyraminx メタルステッカーなんてどうですか、triboxさん。



ShengShou Megaminx



写真 2014-11-29 午前1 55 29新商品ではありません。大会テンションの衝動買いです。Asian Championshipのtriboxブースで購入させていただきました。


パズル自体の性能はDaYanに多少劣りますが、魅力は1,500円という安さでしょう。DaYanには無かった解説書付きです。








写真 2014-10-30 午前10 00 05DaYanとパーツを並べてみました。

DaYanはZhanChiの機構をモチーフにしていますが、ShengShouも同様にWindやAuroraの内部構造を模しているみたいです。

接地面が多いため少し回転は重く、コーナーカットも少し劣っています。しかし回しにくいわけではなく、十分なめらかといえる品質です。さすがShengShouです。












以上、新製品含め6種類でした。新製品ラッシュは購買意欲がそそられるので困りますね。嬉しい悲鳴とはこのことです。

東海大会が近づいてきました。参加者の方々よろしくお願いします。
スポンサーサイト

【改訂版】StackMat Pro Timer & CCT

SMP CCT


2年ほど前にCCTとStackMat Pro Timerの接続について記事を書きました。特に方法は変わってませんが、もう一度きれいにまとめ直したいと思います。


CCT(CalCubeTimer)とは、キューブのタイム計測のために使われるダウンロード形式のタイマーアプリケーションです。今回の記事では、StackMat Pro Timerに表示されるタイムを同時にCCT上にも表示させる方法を紹介します。CCTをトーナメントディスプレイ化しようというわけです。

CCTはこちらからダウンロードできます。

動作確認状況


Windowsの動作確認は行っておりません。YouTubeにWindowsパソコンへの接続に成功している動画がいくつかありましたので、そちらをご参照ください。



※この使用方法はSpeedStacks社/QJ Toysが公式に発表しているものではありません。これによってタイマーが故障等を引き起こしてもメーカー保証対象外となり、当ブログも責任は負いません。了承の上お試しください。








前準備


接続にあたって用意するものは2つです。「3.5mm⇔3.5mm オーディオケーブル」と「2.5mm⇔3.5mm プラグアダプター」。3.5mmや2.5mmはプラグの直径を表し、前者はステレオミニ、後者はステレオ超ミニとも言います。


Stackmat Pro 端子StackMat Pro Timerにある接続端子はステレオ超ミニ規格のため、通常のオーディオケーブルだけでは接続できません。3.5mmから2.5mmへの変換が必要です。













コードとアダプターどんなものでもいいのですが、一応僕が使っているものを載せておきます。

ケーブルは先端の両方もしくは片方がL字型になっているものを推奨します。変換コネクタがあるために接続部がどうしても手前に突き出てしまうので、できる限りケーブルが試技の邪魔にならないようにするためです。

2つともAmazonで購入しました。








また計測する場所の周辺で、電気信号に影響を与えるノイズの発生源がないか確認してください。

ありがちなのは蛍光灯です。その他ラジオ等もノイズの原因となる可能性があります。しかし蛍光灯を消すと計測どころではなくなるので、とりあえずつけたままお試しください。後々どうしても不具合が起こるといったときに確認してみればいいと思います。





PCとStackMat Pro Timerを接続


それでは接続します。とりあえずタイマーの電源はOFFにしておきましょう。PCへは外部入力の端子に接続します。イヤホン等をつなぐ外部出力ではありませんよ。




サウンド接続の確認方法としては、タイマーの電源を入れて「システム環境設定」から「サウンド」を選択し、入力レベルを確かめるのが速いでしょう。入力音量をいじってみてレベルが動けば大丈夫です。

入力音量は大きめに設定しておいてください。











CCTの設定


ではCCTを起動します。


Configuration.jpgメニューバーの「File」から「Configuration」を選択。上部タブから「4 Stackmat Settings」をクリックしてください。

基本的にいじるのは右画像で示した3カ所です。画像はクリックすると新規タブで開きますので参照ください。






① 3つのチェックボックスすべてにチェックを入れてください。

② プルダウンには入力の装置が表示されます。「Default Audio Device description...」と書かれているミキサーを選択してください。初期設定でこれになっていると思います。

大抵の場合はこれでうまくいきますが、失敗する場合は「Built-in Input description...」と書かれているミキサーに変更してください。外部ライン入力を直接選択したことになります。

③ 初期設定で50になっています。僕はそのままで正常に動作していますが、もし不具合がある場合はこの数値を少しずつ変えてみてください。整数のみです。



「Save」で設定が反映され、ダイアログが閉じます。「Apply」をクリックするとダイアログが開いたまま設定が反映されるので、数値の微調整の際などに便利です。




Use keyboard timer最後にタイマーの電源がついていることを確認し、「Use keyboard timer」のチェックを外します。

左側に「Timer is ON」の表示が出ればOKです。OFFになっている場合は接続に問題がありますので、サウンド設定を見直してみてください。





最終確認!



これで接続と設定は完了です。実際に計測して動作を確かめてみましょう。



写真 2014-12-01 午前11 58 22多少のラグはありますが、タイマーの停止時間と同じ表示で止まれば問題ありません。

小数第3位は切り捨てられ、第2位まで表示されます。












できましたか?

以上で解説は終了です。不明な点があればTwitter(@espr_cubes)もしくはコメント欄にてお気軽に連絡どうぞ。

最近のこと。[Oct, 2014]

最近のこと。Oct



Asian Championshipが終わり11月になっちゃいましたが、恒例にしていきたい「最近のこと。」の10月版です。

カテゴリー名はMonthly Diariesとし、これまでDiariesだったのをSpeed Cubingに変更しました。



最近のキューブ。



先週のJCでSingle PBとAverage of 5 PBを更新してしまいました。


写真 2014-11-06 午前5 09 30【第213回 3x3x3 選手権】
15.03 - 16.44 (10.69) 15.17 13.47 (17.30)

10.69
F2 L B2 U2 L2 R D2 L' F' D2 L U B2 D' B' L' F D B2






写真 2014-10-30 21 21 32で、その後の計測で再び更新しました。PLL Skipです。

10.387
L2 R2 D' R2 D L2 U' L2 D2 L2 F L2 F2 R2 D' U2 B F R' U2



さっさとOLL制覇したいものです。






Happy Halloween!!



写真 2014-11-11 午後2 48 00Halloweenキューブが完成しました。1週間遅れですがHappy Halloweenです! このキューブについてはtriboxさんにかなりのご協力をいただきました。


素体はFangShi ShuangRen V2です。



ステッカーの貼付けについては、tribox商品ページに掲載されていた展開図を参考にしました。





※Pixelmatorの試用期間が切れたため、購入次第トップ画像をHalloweenキューブも入れたものに差し替える予定です。[11/13] 差し替えました。



Calendar Cube German



写真 2014-10-15 午前6 57 42先日4個届きました。もちろん全てが自分のではありません。ドイツ語の先生に紹介してみたら嫁さんの分も合わせて2つ欲しいと言われ、横にいた友達にも欲しいと言われたため4つになりました笑


最近はtriboxの回し者っぽい行動が増えてきました。








写真 2014-10-08 午前2 43 53自分のは黒素体です。素体はCube4YouでステッカーはOlivér's Stickers製です。















写真_2014-10-27_午前5_27_20English版と比較してみます。


<曜日> フォントサイズが少し小さくなり、細字となりました。

<月> 下地が赤で、文字が白抜きで表されています。またフォントサイズが小さくなりました。

<日> フォントカラーはEnglish版の月と同じになり、サイズが少し小さくなりました。





画像では分かりづらいですが、白ステッカーは淡いノイズのかかったような灰色になっています。



デザイン面ではGerman版のほうが優れているように思えます。やはり中層を走る赤ラインが印象的です。Spanish版も同じデザインになっていました。




何か見つけたもの。



10月中にふと目に止まったものです。


Roux.jpg食品コーナーにRoux Methodが売ってました。


カレー"ルウ"なんですが。こーいうつづりなんですね。

フランス語が由来だそうですが、Roux Methodのほうも考案者のフランス人Gilles Roux氏から取られています。







へー、そうなんだって感じで。






写真 2014-11-28 午前3 06 15もうひとつはこんなフレークが売ってました。



cubicだそうです。


カレーのほうは高かったので買ってませんが、こっちは買いました。後味にフルーツの甘酸っぱさが残り、なかなかおいしかったです。牛乳と一緒に食べるとなおよろし。






唯一気になったのは、「cubic」なのにもれなくフレークは直方体だったことくらいでしょうか。



へー、そうなんだって感じで。







写真 2014-10-16 午前5 51 05最後にこちら。Asian Championship 2014で参加者全員プレゼントされた巨大ルービックキューブです。金属ラックの最上段に鎮座させました。


一辺ジャスト30cmの大物です。おばきいさんのブログによれば、中に2x2キューブが175個入ったそうですが笑











はい以上、10月の出来事でございました。ではまた来月。

と言わず、更新したらぜひのぞいてくださいね。

Asian Championship 2014 [Day 3]

AC 2014 Day 3


※画像にミスがありました。Calendar Cubeの曜日が「Sunday」になっていますが、正しくは「Monday」です。






他の日の記事は上のスケジュールからどうぞ。



トップ画像を作ったものの、思い返せば3日目はまったく写真を撮っていませんでした。。。

それでもやはり最終日。決勝続きで見どころはたくさんありました。

日本勢がかなりの活躍を見せました!






まずは3x3 BLD。ついにたくさんがNRを更新しました。Singleは約8秒、Averageは約16秒の大幅更新です。

降壇するたくさんを迎える日本メンバーからの祝福の歓声を聞くと、やはり努力が実った瞬間は見ていてこちらも嬉しくなります。これをきっかけに日本のBLD熱もあがりそうですね。







最後の3z3 決勝は見ものでした。予選を勝ち抜いた12名が、順位ごとに2人ずつテーブルについて交互に試技をする独特のスタイルで行われました。

さすが気さくな郡司さん、大舞台でも登場パフォーマンスを忘れません。独自のリラックス方法なのでしょうか、緊迫した空気もすぐに和みました。



韓国の期待の新星Seung hyuk Nahmくんも何度会場をどよめかせたでしょうか。決勝メンバーの中に一人小柄な彼は、プレッシャーを感じている様子もなく好タイムを量産していました。惜しくも優勝こそ逃したものの、予選で単発6秒台を出してFastestを受賞しています。韓国ではあまり大会が開かれないらしいですが、今回の大会でも韓国勢が多く上位に食い込みました。コリアの底力を見た気がします。



で、彼と僅差で優勝をもぎとったのはすがまさんでした。日本で行われた大会でビジターが優勝されては満足がいきませんからね。日本人の優勝、本当によかったです。おめでとうございます!


3x3の他にも様々な競技で入賞されていて、大会後のTwitterで賞金を両手に持つ写真をみかけました。あー、羨ましいです。


------------------------------------------------------------



これからのやる気を与えてくれたいい3日間になりました。皆さん本当にお疲れさまでした。次に国際大会へ出場できるのはいつなのでしょうか。。。また日本で開催されることを心待ちにしていようと思います。


とりあえず12月に控える東海大会 2014への参加を見込んでいます。東海勢の方よろしくお願いします。







Back to Day 1Back to Day 2





Asian Championship 2014 [Day 2]

AC 2014 Day 2






他の日の記事は上のスケジュールからどうぞ。



ネット環境が整わず、2日目の記事を大会終了後にあげることになってしまいました。すみません。




写真 2014-10-08 午前11 09 35Asian Championship 2014、2日目です。8時頃にネカフェを出発して、松戸から八柱へ。2,3日目の会場は「森のホール21」です。


2日目から3x3部門が始まることもあり、さらに人数が増えます。こんな立派な会場での試技は僕も初めてです。










早く着きすぎたため、郡司さんと合流して初参加の方と話しました。初めての大会がアジア規模とは、いい経験になったと思います。


写真 2014-10-28 午前7 05 57そうこうしているうちに、なにやらルービックキューブ柄の厚紙が大量に運び込まれてきました。会場に飾る大きなルービックキューブです。参加者総出で組み立て作業です。総数200個以上とのこと。JRCAの須賀さんによれば、大会終了後に参加者全員プレゼントだそうです。デザインはふぁいたんさんが担当。










写真 2014-11-19 午前10 00 45会場入口ではメガハウス純正キューブパズルの販売と、1面完成体験講座が開かれています。売れ行きはどうなのでしょうか。














写真 2014-10-18 午前5 12 59さて、会場内はこんな感じ。なかなかの広さです。会場外壁に設置されたモニターで中の状況が確認できるようになっています。


 












写真 2014-11-13 午後2 00 45こちらは地下1階に作られたtriboxブースです。3x3からPetaminxまで様々なパズルが展示され、PyraminxやLatch Cubeなどの販売が行われました。

今までtriboxサイトで眺めていたRainbow ConnectionやLanLan Star Cubeを実際に触ることができてよかったです。それでも個人的な欲をいえば、もっと品揃えがほしかったと感じています。triboxブースのさらなる発展を期待したいですね。





パープレクサス エピックも展示されていました。意外に大きな本体で、遊ぶと結構ダイナミックな体の動きになってしまいますが楽しかったです。画像の中にありますが見つけられましたか?


それと誰のものなのかわかりませんが、YuXin 11x11もありました。割と軽い回し心地で驚き。








写真 2014-10-15 午前11 44 16その後ろでは約1500個のルービックキューブを用いたキューブアートの製作が行われています。













写真 2014-11-10 午前0 41 57完成作品はこちら。

「矢切の渡し Passing of Yagiri」



左下の写真と違うのが気になりますが、初めて見るキューブアート、圧巻でした。製作担当の方々お疲れさまでした。









最後に、2日目に出た世界記録をどうぞ。


Clock WR1日目に続きYunho NamさんがClockのAverageでWRを更新しました。試技1つ1つで歓声があがっていて、ものすごい盛り上がりでした。














Mega WRYu Da-Hyunさんがまたやってくれました。1日目のSingle,AverageのWRに引き続き、Averageを再び更新です。2位以下を20秒以上引き離したダントツの優勝劇でした。













はい、2日目は以上です。最終日は決勝盛りだくさんの1日です。まばたきする暇もありません。




Back to Day 1To Day 3






Asian Championship 2014 [Day 1]

AC 2014 Day 1





ついに始まりました。日本で初めて開催されるアジア大会、「Asian Championship 2014」です。

1日目から記録更新が目白押しで、ブロガーの血がうずいて仕方ありませんでした。



いろいろあって現在松戸駅近くのネットカフェで一夜を過ごしています。予定されていた宿泊場所には無線LANがないとのことで、このブログも更新できないかと思っていたのですが、不幸中の幸いとでも言いましょうか、ネット環境は充実していますので記事を書かせていただきました。明日も同じくネットカフェなので、おそらく2日目の記事も夜に更新すると思います。




------------------------------------------------------------------


31日は大学のサークル活動で終日滋賀県にいたため、当日の朝に金沢を出発しました。会場に着いたのは午後2時過ぎです。


写真 2014-11-08 午前8 09 391日目の会場は松戸駅から徒歩5分くらいの松戸商工会議所です。このような大会議室で行われました。

机がずらりと並び、正面には大会ロゴが印刷された看板が下げられています。











写真 2014-10-14 午前2 27 39会場後方ではtriboxのブースが作られていました。今日はステッカーのみの販売でしたが、外国人の方々が多く見られました。triboxステッカーの種類と質の高さは日本国外でも好評価みたいですね。さすがです。













tribox Cardtribox Cardの外国版です。tribox Storeの英語版で注文するとこちらのカードが付属するそうで、かなりレア物だとか。1枚頂いてきました。表裏ともにシンプルなデザインです。



tribox Store 英語版はこちらです。選ばれし数十点のみが販売されているようです。













しばらくtriboxの中の人である廣畑さんと話をさせていただきました。Calendar Cube EnglishのSが逆だった件をはじめとして様々な要望や問い合わせをしてきたため、「ああ、あの金沢の!」というリアクションをいただきました笑 やはりそれなりの印象を与えてしまっていたみたいです。

あのパズルやこのパズルの売れ行き、ストアに使われている画像の加工法など、中の人しかわからない貴重で面白い話をたくさん聞くことができました。


ストアやJapanContestのプログラミングを担当している古関さんにも会えました。注文処理の仕組みやJapanContestの集計など、今まで気になっていたことをいろいろ教えていただきました。Amazonのシステムを参考に構築された注文処理の方法には驚くばかりです。






特にジャッジ等の割り当てがなかったので、一緒にいた中学生の谷口くんと高校生の森くんのポテンシャルの高さに圧倒されつつ、競技を観戦して過ごしてました。






さて、最後に今日出た主な新記録をまとめておきます。


Mega WRまずMegaminxのWR。すっかり有名になったYu Da-Hyunさん。AverageとSingleともに更新です。













Clock WR続きましてClockのWR。Averageの更新です。















Pyra AsRPyraminxでは岡 要平さんがAverageでAsRを更新しました。














また、はたむーさんこと端村 航さんがSkewbでSingle NRを更新しています。


新記録ラッシュが続き、そのたびに歓声があがって会場が盛り上がりました。2日目はさらに大きな会場である森のホール21での競技となります。人数も増え、さらににぎやかになること間違いなしです。はりきっていきましょう!





To Day 2To Day 3







まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。