cubeRoid
2014年05月 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2014年07月
TOP ≫ ARCHIVES ≫ 2014年06月
ARCHIVES ≫ 2014年06月
      
≪ PREVIOUS MONTH |  2014年06月  | NEXT MONTH ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

China Postがやっと動き出した。/MoYuから新作。

China Postが動き出した。:MoYuから新作。


51morefunでの注文から8日経ち、発送通知から丸1週間が過ぎてようやくChina Post(中国郵政)が動き出しました。噂では聞いていましたが、本当に1週間かかるとは驚きです。といっても、まだ荷物は中国にいるのでまだこれからが勝負です。何せ荷物が紛失したりするのは海を渡る前後の税関を通る時が一番多いそうなので。。


詳しいことは荷物が無事届いてから書きたいと思いますが、とりあえず今回は荷物の存在がトラッキングに反映されたのに安心したので途中経過として投稿しました。


---------------------------------


MoYu Cubeに新しい動きがありました。51morefunでMoYu 7x713x13のPre-orderが始まっています。

MoYu AoFu7x7はV-CUBE 7のようにpillowの形状が採用されており「MoYu AoFu(傲赋)」と名付けられています。価格は51morefunの日本円表示で¥4,830。V-CUBE 7は同サイトで¥5,367になっているので、多少は買いやすくなっています。それでもShengShouのほうがまだ安いですが。

(ShengShouのように)著作権問題が無ければtriboxでもこれくらいの価格で販売されるのではないでしょうか。51morefunには内部を写した画像が無かったので何とも言えませんけど。MoYu独特の少し光沢のある素体が使われているみたいです。










MoYu AoFu 内部構造...と思ったらTheCubicle.usの商品ページに内部構造ありました。




てか、すいませんこれV-CUBEっぽいんですがどうしたもんでしょう。

まあ7x7なんてこれ以上構造を変えることは難しい気もします。まともに分解したこともないくせに言いますが。。


しかし今では6x6以上の多分割も立方体のShengShouがNo.1シェアを誇っているので、ここでpillowを出しても人気が出るかどうかは微妙なところ。サイズもV-CUBE 7より大きめ(78mm)ということですし。

逆にこのタイミングで7x7に参戦してくるということは自信の表れかもしれませんが...!とにかく様子見です。



※追記
YouTubeにAoFuの開封動画がありました。コーナーカッティングの性能がかなり良く、回転もスムーズで投稿者も高い評価をつけていました。サイズはやはりShengShou 7x7と同じくらいのようですが、mini版が発売されたりすれば一旋風巻き起こしそうな気がします。

CrazyBadCuberさんのレビュー動画です。







で、目を疑ったのは13x13です。2桁台の多分割には思いつく限りでShengShou 10x10、YuXin 11x11、ギネス記録となったOskar氏製作の17x17がありますが、おそらく13x13は初めてだと思います。


MoYu 13x13 251morefunで¥32,208円になっていました。どれだけ凝って作ったのか知りませんが、ちょっと高過ぎやしませんかMoYuさん。大量生産の製品の中では最高額でしょう。こちらにはまだ正式な名前はついていないようです。


YouTubeにテスト動画がアップロードされていました。右の画像はSpeedSolving.comのスレッドから引用しています。


いろいろ調べていたら15x15などの噂もたっているようです。SkewbやPyraminxの画像もありました。




流星のごとく現れ、2x2、3x3、4x4と進出してきたMoYuですが、突然とんでもないところに手を出してきました。今後の動きがさらに気になります。



以上、夜明け前の更新でした。
スポンサーサイト

MoYu AoLong , Calendar Cube

MoYu AoLong,Calndar Cube

ひとまず51morefunの前にtriboxからの荷物が届きました。MoYu AoLongCalendar Cubeです。本当は昨日のうちに届いていたんですが、レポートの締め切りが迫っていたので記事を書くのが遅れました。ただいま傾物語(下)のDVD観ながら書いてます(どうでもいい



箱 Cube4Youまずふたつのキューブの箱を見てみますか。Calendar Cubeに使われているのはCube4Youなのでおなじみスタイリッシュなこの箱。

ちょうどCube4Youの透明素体を1年半ほど前に買っていたので、そのときの箱と比べてみました。右が透明素体、左がCalendar Cubeの箱です。左のほうが赤っぽさが増してますね。それにCube4Youが登録商標になってました。®マークが正面の名前と反対面のロゴに付してあります。







写真 2014-06-25 午前1 46 53MoYu AoLongはこちらもおなじみ白ベースの箱です。正面にはいつものように構造を模した図がついていて、天面にはFeliksの写真が神々しく印刷されております。













写真 2014-06-21 午後5 41 08それではキューブです。Calendar Cubeからいきましょう。このキューブはひとつで日付、曜日すべてを表すことのできる優れものキューブです。





こちらのステッカーはOlivér's Stickersから販売されているもので、貼付けはtriboxが1枚ずつ行っているそうです。さすが日本のパズルショップ、貼付け精度は文句なしの綺麗さです。商品ページの紹介文にはステッカーの表面に細かな傷があると書いてありますが、気になるほどではありません。


Olivers Stickersオリジナルデザイン: Ideal Toy Corp. Hollis N.Y. (1981年)
デザイナー: Walter Randelshofer, Werner Randelshofer
ステッカー製造: Olivér's Stickers
(tribox商品ページより転載)

素体はCube4Youなので構造は基本的なものですが、回転は非常になめらかです。右のバナーをクリックするとOlivér's Stickersのサイトへ飛びます。



写真 2014-06-11 午前3 40 09とりあえず日付を合わせてiMacの下に置きました。なかなかいいです。
















次、MoYuの最新作AoLongです。MoYu製品は名前に3x3x3と4x4x4でつながりがあるみたいですね。WeiLong-WeiSu、AoLong-AoSuみたいに。HuanYingは3x3x3だけで置いてきぼり食らったみたいですが笑


サイズは56.5mm。0.5mmなんて個体差のような気もしますが、だいたい57mmです。


AoLongはtriboxの配色指定対応商品です。注文時に配色指定することで、ストアのスタッフの方が丁寧に貼付けてくださいます。いつもの配色にしました。



AoLong,WeiLong ComparisonWeiLong V2と並べてみました。左がAoLongですが、センター四隅の隙間が大きくなっています。その分コーナーカッティング性能はさらに上がりました。



コーナーとエッジの接地面積が小さくなったので、回転時の摩擦はかなり減っています。カシャカシャカシャって感じ(わかりにくい


初期状態はちょっと緩かったのである程度締めて使うことになりそうですが、回し込めばなかなかのメインキューブに化けそうな気がします。とりあえずWeiLong V2と一緒に使っていきたいと思います。



-----------------------------------------


で、China Postで発送された51morefunの荷物ですが、未だに追跡サイトにも反映されておりません。まあ反映まで5日以上かかったという記事もあったのでまだ想定内ですが。とにかく荷物がなくならないようにだけ祈って待ってます。

購入の報告。

購入の報告。
今回は購入報告です。まだ届いてません。


ですが、ですが、

待望のものをやっと購入することができたので書かずにはいられませんでした。



triboxと51morefun両方での注文です。

Calendar Cube
triboxのほうはCalendar CubeMoYu AoLong。長いこと品切れが続いていたCalendar Cubeですが、昨日の夕方に突然在庫が増えていました。黒素体が最後の1個になっていたので迷いなく速攻注文。AoLongも残り2つになっていたので配色指定して注文。

先週問い合わせをさせていただいたときは入荷時期がまだはっきりしないということでしたが、突然の再販に驚きました。すぐに売り切れたので少量だったみたいですけどね。。危なかった危なかった。


執筆時点ではAoLong 56.5mmも品切れ状態になっています。


両方とも楽しみにしていたキューブなので、届き次第また記事書きます。




ShengShou 9x9
で、メインはこちらです。


多分割キューブの最高峰ShengShouより2012年8月頃に発売された「ShengShou Cubic 9x9x9」。ちょうど自分がスピードキュービングを知った時期に偶然見つけて愕然としたのを思い出します。

細かいことは届いてからの記事で書きまくる予定なのでここでは割愛しますが、ステッカーはZ-StickersのZBWを選択しました。何種類かあるのですが、これは一番蛍光色が多いものです。


価格は$99.00で送料無料。日本円で¥10,629でした。1万円以上するパズルは初めてです。


おまけでDaYan 3 LingYun V2も買ってみました。こちらも送料無料対象です。


7月1日まで会計時にクーポンコードを打ち込むと20%割引になるキャンペーンをやっています。コードは商品をカートに入れた時に表示されるので、もし期間中に買い物するのなら忘れないように!



数日中に届くと思うので、こちらも届き次第レビューみたいなのしていく予定です。



※記事中の画像はそれぞれのサイトから引用させていただきました。



6/21 15:51
51morefunから発送通知が来ましたが、配送業者がChina Postになっていました。無事に届くかいささか不安ですが、とにかく定期的にトラッキングを確認しながら見守りたいと思います。

最近のこと。

最近のこと


ここのところ購入レビューみたいな記事ばかりだったので、久しぶりの近況報告です。


3x3x3は練習を再開して約3ヶ月ほどですが、sub20の安定がだいぶ見えてきました。Average of 50ならsub20はほぼ確実なくらいです。それでも少し成長の勢いが弱まっていきたので、そろそろ本気でOLLを増やしていかなければならない時期がきたようですね。。

ただタイムのばらつきが多少気になります。以前よりは改善されていますが、Standard Deviation(標準偏差)はまだ2秒台です。


昨日ao12とSingleのPB更新しました。

Average of 12 = 17.89
16.48 16.42 16.46 19.24 18.22 17.00 (20.21) (15.80) 19.45 19.24 17.90 18.45

Single =12.47
U F2 D' L2 F2 U L2 B2 F2 L2 U B L2 U B F2 L B D2 L2 U2


使っているキューブはMoYu WeiLong V2ですが、だいぶ育ってきて緩くなりつつあります。ソルブ中にあらぬところが回ったり、そのせいで引っかかったりすることがあり、扱いが難しいという噂が分かってきた気がします。今日少し締めましたがどうなることやら。

MoYu AoLongが発売されたら買うつもりなので、メインの座が入れ替わるのかちょっと楽しみです。



4x4x4はMoYu AoSuをメインにしてからタイムがのびました。5月末からJapan Contestにも再び参加し始め、キューブの恩恵も受けながら記録を更新しています。


復活して最初のJCの結果です。

Average of 5 = 1:18.03
(1:36.42) 1:15.21 (1:08.97) 1:15.90 1:22.97


Singleのsub70はこれが初めてでした。とりあえずSingleでsub60出すことを目標にしていきます。



そして最後に、このブログを閲覧してくださっている皆様に感謝を申し上げなければなりません。

加工後先日「日本ブログ村」の「クイズ・パズル・手品」部門人気ランキングで1位となりました。現在も継続中です。

思い返してみれば、このブログを始めたのは2012年の10月ですので1年9ヶ月になります。受験で1年近く更新していなかった時期を考えると、記事を書いていたのはごくわずかな時間でした。それでも、数あるサイトの中の頂点に立てたのは閲覧してくださった皆様のおかげです。本当にありがとうございました。


スピードキュービングと同時に何気なく始めたブログでしたが、続けてこれたことはひとつの誇りであり、今となっては一緒に成長してきた証にもなっています。


今までは頂点を追う立場でしたが、これからは頂点の座を明け渡すことのないよう変わらず更新を続けていきます。どうぞよろしくお願いします。

3D Gear Cubeとか。

top image


Meffertの「3D Gear Cube」とその他小さいのを諸々triboxで購入しました。


Gear CubeはAsian Championship 2012において非公式競技で記録会が行われました。世界的にも有名なパズルです。ベースの形状は3x3x3ですが、エッジパーツに歯車がついたことで外観も回転も奇抜になりました。


写真 2014-06-01 午前7 17 01六角形のパッケージで届きました。パズルはあえて少しひねった状態で入っていて、開封前からさりげなくギアの特徴を見せています。


そのパッケージには「ドイツのパズルデザイナーメファート教授によって発明された」とありますが、少し調べたところ発明したのはオスカー氏という記述もありました。こちらも有名なパズルデザイナーです。


その証拠にパズルのステッカーには「Oskar」のサインロゴが入っていました。ただやはり至る所にメファート教授が出ていますし、「Meffert's Challenge」というロゴもステッカーに書かれていたので、共同開発といったところでしょうか。

※Gear Cubeの開発者について訂正があります。記事末尾の追記をご覧ください。




写真 2014-05-24 午後11 33 01スクランブルするとこんな感じに。縦に90°回転させると横に回らなくなる構造なので、基本は180°単位の回転になります。













しかし180°回転に限られるといくら崩してもコーナーは必ず対面色の組み合わせになるので、コーナーの位置合わせはものすごく簡単です。


その特徴が功を奏し、難易度は見た目に反してだいぶ低めです。コーナーが揃えば適当に回してても解けてしまいそうな感じです。自分で解法を考えることも容易なので、慣れてしまえば10秒切れると思います。



それにしてもtriboxではこれが「難易度1」に分類されていましたので、やはり前回の記事で書いたRubik's Magicは「難易度2」くらいにしたほうがいい気がしますね。。明らかにMagicのほうが数段難しく感じます。



写真 2014-06-03 午後11 05 19あとサイズですが、57mmの3x3x3と並べると一回り大きいです。測ってみると60mmでした。そこそこずっしりと重みがあります。














あと買ったのはEastsheenのmini 2x2x2シリーズ。


写真 2014-06-06 午前4 40 45まずはストラップ付きの2x2x2。タイマーのバッグにつけます。


大きさは24mmです。ちょっとキューブとストラップのひもをつないでいる部分が薄くて心もとない感じもありますがまあOK。

隣にあるのは純正のmini Rubik's Cubeです。







写真 2014-05-21 午前2 08 49そして最近triboxのランキングでも上位に入っているマグネット内蔵の2x2x2。大きさはストラップと同じ。このように冷蔵庫などにくっつくのでなんか楽しい。メモを固定したりなど実用性もありますね。

画像の奥にあるのは妹がプラ板と小さい磁石を使って作ってくれたものです。


しかしマグネットが入っているのは白面のロゴが印刷されたパーツだけなので、それ以外の面ではくっつきません。てっきりどの面でもくっつくと思っていたので、ポロッと落ちてしまった時は不良品かと驚いてしまいました。それに気をつければ十分満足の商品です。


Eastsheen製品は回しやすいのに価格が低めなのもありがたいところです。ストラップのほうは310円、マグネット付きは330円でした。





写真 2014-06-06 午前4 59 36キューブはこれでおしまい。あとMegaminx用のステッカーを買っておきました。DaYan Megaminxのステッカーは弱いのか分かりませんが、すぐにはがれてきたので貼り替え用です。


右側は転写非対応という理由でアウトレットとして売られていたものです。RidgeバージョンのMegaminxは転写しづらいので、安さを優先してアウトレットからできるだけ選びました。








先週からJCの4x4x4選手権にも復活しています。AoSuの恩恵も受けつつだいぶ記録がのびました。単発Sub60出すのを目標にしていきたいと思います。

はい、5時台早朝の更新でした。
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。