cubeRoid
2013年01月 << 12345678910111213141516171819202122232425262728 >> 2013年03月
TOP ≫ ARCHIVES ≫ 2013年02月
ARCHIVES ≫ 2013年02月
      
≪ PREVIOUS MONTH |  2013年02月  | NEXT MONTH ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

Rubik's Cube ver.2.0

【Rubik's Cube ver.2.0】
購入サイト : tribox

本家ルービックキューブがver.2.0となってリニューアルしました。




発売日前に予約して、発売日と同時に到着。パッケージは従来品と同じ形です。


ver.2.0で変わったのは

・内部構造
・ステッカー廃止(プレートインサート製法)
・日本配色→世界標準配色

この3点です。まずは見て分かる違いから。

ステッカーがなくなり、色のついたプレートがパーツに埋め込まれる「プレートインサート製法」が採用されました。

剥がれて貼り替えたりする必要がなくなったのでいい気もしましたが、何となく回しているときに手が滑りやすくなったと感じました。ステッカーが貼ってあると多少凹凸があるので手に引っかかりますが、プレートになったことでなじみにくく?なった感じです。

ただそこまで気になる点ではないですね。プレートになったことでデザイン的に良くなったと思います。


そして、ルービックキューブをやっている人なら必ず気づく違いが、日本配色から世界標準配色に変更になったことです。具体的に言えば青と黄が逆になりました。

右が従来品、左がver.2.0です。

今まで日本だけ違う配色になっていたので、ついにメガハウスが動きだしたんでしょうか。ただ今更海外配色に慣れる気もおきないので僕はこのまま日本配色で行こうと思いますけど。

配色の違いについては以前書いた配色についての記事を参照してください。


また、センターキューブの周りの四隅にDaYanのような穴があいています。


これが従来品。


ver.2.0は結構あいています。FSCのしやすさを追求したんでしょうか。。。


さて気になる内部構造!といきたいところなんですが、まだ分解がうまくいっていません。何とか外せたという方もみえましたが、2人がかりでやったとか結構外れにくい仕様になっているみたいです。

分解方法と一緒に構造も含めて別記事にしたいと思います。triboxさんに問い合わせたところ、エッジパーツの足が細く、折れやすいということで分解は困難なのだそうです。壊す危険を冒してまでやろうとは思わないので、もう少し使い込んで緩くなってから試してみようと思います。


ver.2.0になって動きは軽くなりましたが、やはり速さを追求するには少し物足りない感じがします。相当使い込まないと良い回し心地にまで持っていくのは難しそうです。



【Cube Details】
・Name - Rubik's Cube ver.2.0
・Manufactured by - Rubik's
・Size[mm] - 57*57*57
・Weight - --g
・Price - ¥1,800(tax included)
(2013年9月8日現在)

スポンサーサイト

Rubik's Cube ver.2.0/Latch Cube

新キューブ購入しました。

本家のルービックキューブがリニューアルしたので発売日前に予約。ついでに前からやりたかったLatch Cubeも一緒に注文しました。


Rubik's Cube ver.2.0



Latch Cube

またレビュー記事書きたいと思います。はたむーさんのレビューもちょっと気になってたり笑



最近はG-permの研究を始め、PLLは全制覇目前。手順に慣れないうちはタイムが遅くなります(´-ω-`)

スピードキュービング始めて半年足らずですが、キューブ買い過ぎましたw ちょっと自粛(´・ω・`)

V-CUBE 3 pillowed

トイザらスでまさかのV-CUBE 3発見!

ルービックキューブの隣に並んでいました。物珍しさと値段の安さに惹かれて購入!


「世界特許の滑らかさを体感しよう!!」というシールが貼ってあります。


世界特許。。。。?まあ細かいことは気にせずに開封の儀といきましょう。



【V-CUBE 3 pillowed】

梱包のデザインが他と違って凝っている感じがあります。かっこいいやんこれ。

解説書が入っていました。製造元がギリシャなのでギリシャ語を含め6カ国語で書かれていましたが、日本語はありませんでした。まあ…そりゃそうか。


そして!

This is the V-CUBE!!!!


各面がすこし膨らんだ形状をしています。V-CUBE 3には2種類あって、面が膨らんでいるタイプと膨らんでいない普通のタイプが製造されています。7x7x7のV-CUBE 7を作る際に、構造上せざるを得なかったので膨らんだデザインにしたそうですが、それがなぜか3x3x3にも採用されたみたい。

pillowというのは枕という意味で、見た感じ枕っぽく見えるからということなんでしょうか。

ステッカーは海外配色のままでした。テンヨー(株)が輸入してそのまま販売しているようです。

今から始める人ならいいですが、日本配色に慣れた人にとってはちょっと困ります。いずれ貼り替えます。


滑らかさを謳い文句にしているだけあって、開封直後からスルスル回り、この点は満足。音もV-CUBE独特の擦れる音で、このへんもいい感じ。メンテは特にいらないですねー。ただ丸っこい形状が裏目に出てちょっと手が滑ったりします。V-CUBE 7なら持ちやすいと思いますが、3x3のような小さいキューブは角ばっていたほうが安定します。

中が気になったので軽く分解もしてみました。




DaYanのGuHongに似た構造になっています。特につっこむところもないですが、コアがだいぶ小さい気がします。


コーナーパーツの内側には「V-CUBE」とか「Made in Greece」とか彫られていて、全体的にデザイン性の高さも感じました。


パッケージを改造して立方体の箱を作って保管しています。割とうまくできた笑

メインにはなりませんけど、気分転換に使えそうです。




さてさて、一味違うこのキューブを製造しているのは、先ほども言いましたがギリシャの会社です。その名も「Verdes Innovation S.A.」。創業者のPanagiotis VERDESさんの名前からだそうです。


この方、5x5x5のプロフェッサーキューブに触れてから6x6x6以上のキューブも作れないかとずっと研究を続け、30年以上の年月をかけて独自の構造を見いだし世界初の6x6x6、7x7x7を発明したすっっっごい先生なんです。


なんという根気(;゚д゚) 実はこの構造は特許がとられていてこの苦労を侵害しているとされているShengShouというキューブもあるわけなんですが。。。許せません!「世界特許」とはこのことか。

といいながらも先日ShengShou買ったんですけどね。


V-CUBEシリーズ欲しいけど高いからなー(´・ω・`)



【Cube Details】
・Name - V-CUBE 3 pillowed
・Manufactured by - Verdes Innovations S.A.
・Size[mm] - --*--*-- (純正比 : --mm)
・Weight - 98g (純正比 : +6g)
・Price - ¥2,400(tax included)
※純正比...Rubik's Cube 3x3x3との比較。
(2013年9月8日現在)

【おまけ】絵柄付きキューブとか

言い忘れてました。16日に17歳になりました\(^o^)/どうでもいいです。


今回はおまけというか、特に個別に記事をつくるほどでもないキューブをいっぺんに紹介していきたいと思います。


「さるぼぼキューブ」

岐阜県飛騨市のマスコットキャラクター「さるぼぼ」をあしらったキューブです。ちゃんとRubik'sというロゴが入っているので正規品のようです。飛騨に行った時に道の駅で見つけました。

潤滑剤を使ってもなかなか緩くならないので困っていますが、そこまで使うわけでもないのでまあいいとして。


6面それぞれに「○○運」と運勢が描かれているので、サイコロの要領で占いもできますw


「ルービックキューブ オールパシフィック(All Pacific League)」

プロ野球のパ・リーグ6球団のロゴが各面に貼られているキューブです。修学旅行で東京に行った時に何を思ったか買っていました。これにもRubik'sのロゴが入っているので正規品です。

さるぼぼと違って開封直後からすごく回しやすくてびっくりした覚えがあります。貼り替えたら白素体の純正ルービックキューブが作れますね笑

セ・リーグバージョンも売ってます。


「Mini Rubik's Cube」

メガハウスが販売しているキーホルダー付きルービックキューブです。


大きさは通常のちょうど半分。買った時はものすごく固かったので、分解して潤滑剤を入れました。1,2回ソルブしたら結構快適になってます。

せっかくのキーホルダーなので、今のところスタックマットのバッグに付けてます。割といい感じで気に入ってますw



今のところこの3つがおまけと言えるキューブですね。絵柄付きはセンターキューブの向きも合わせる必要があるので別の手順がいります。これが結構面倒。最近はあまり回していません(^^;;


だいぶコレクターみたいになってきたな。。(´-ω-`)

CCTとPCの接続成功しました!

CCTとPCの接続について朗報!!!!

できないできないと嘆いて数ヶ月、Appleのサポートコミュニティーなどに助けられてやっと解決しました。


僕の場合、接続したときにのみスタックタイマーの挙動がおかしくなって計測できなくなるというものでした。ですので、原因がタイマーにあるのかケーブルにあるのか変換コネクタにあるのか分からないままでした。

そして!

以前この嘆きと一緒に記事にしたところ、見てくださった方からSTACKMAT PRO(現在売られている最新版)でも成功したというコメントをいただいたことでもう一度調べてみようという気になりまして。

何度かコメント欄を通してアドバイスを頂いた結果、Macの音声入力端子から逆流して電気信号が出ていて、それがタイマー内部に影響して誤作動を起こしているか、近くに置いてあるもので、妨害になるような電波を発しているものがあるのではないかという2つの候補があがりました。

PCに関することならAppleに聞けばいいと思い、人任せ(^^;;ですがAppleのサポートコミュニティーに入力端子についての質問を投稿したところ、思った以上にvery goodな回答が返ってきました。

そのまま引用させてもらいます。

「iMacのコンセントを反転させて挿し直すと、改善しませんか?(コンセントの極性を変える)
それでもダメなら、iMacのアース線を繋いで、ちゃんと接地してみて下さい。

音声信号は交流電流ですから、外部ノイズの影響は受けます。iMacのコンセント周りからのノイズの他に、携帯の充電器やACアダプタ、インバータ方式の蛍光灯等からのノイズの可能性もあります。

思い返してみれば、今までずっと蛍光灯をつけた環境でやっていた気がします。いざ電気を消して試してみました。


成功です。誤作動なし。文句なし。
邪魔していたものが目の前にあったとは。。。ケーブルやコネクタを変えたりしたのは意味がなかったというわけでした。
とにかく、失敗という歯切れの悪い記事で終わらせたくなかったので一安心です。




しかししかしこのあいだCCTからPPTに転向したので、できることならPPTで動いてほしいところなんですが今のところこれは成功していません。

PPTの開発者のサイトをのぞいてみると、まだSTACKMAT PROには対応していないというような書き込みがありました。そこまでなら諦めるところなんですが、それに加えて対応させるためのものなのかJavaのファイル3つがあげられていて、どう使えばいいのか模索しているところです。

Bitbucket 「Stackmat Pro Timer still not working」

このページにあるファイルですが、扱い方がわかる人いましたらぜひ教えていただきたいです(^^;; Javaは満足に使ったことがないので分かりません。。

とりあえずCCTで計測し、タイムはPPTに入れて集計するといった感じでいこうと思います。てかこんなことしてたらタイマーつなげた意味ないじゃん(´-ω-`)


結論:PPTのプロタイマー対応で全てが解決する


電気消すから暗いのも難点。

Average of 5:Sub30達成!/Single PB!


一昨日RAでSub30を出した直後の昨夜の計測。調子悪いと思ってたんですが、やっているうちに手が暖まってきました。3回目くらいの計測でやっと。。


Average of 5:Sub30達成!!!

↓こんな感じ。
Average of 5 : 27.43
(24.18)/24.59/29.83/(32.19)/27.86


まだこれ1回だけなので声を大にして言っていいのか分かりませんが、確実に1歩進みました!

Single PBもついでに更新です!24.00→20.98


日々精進!!×100(`・ω・´)



…最近3x3x3の変則系に手を出したいと思いまして(*^ω^*) 解法が確立したLatch Cubeでもやってみようかなー

mod準備!/RA of 5:Sub30達成!!

ShengShouのmodのためにいろいろ揃えました。

YouTubeで参考になりそうな動画を探して、使っていた道具類をホームセンターなどなどで買ってきました。


ざっとこんな感じ。


紙やすり2種類と金属のやすり。詳しくはmodのページで。

なんか動画見る限り面白いことは間違いないんですが、時間がかかりそうなので暇みつけてやっていきます。ということなのでいつmodの記事を書けるか分かりません(^^;;

ただパーツだけは分解してあり、いつでも来い!の状態になっています。なかなかmodしないもんだから4x4x4の練習ができない(´-ω-`)




さてさて、昨日の夜中に3x3x3の計測やりました。

ついに!RA of 5ではありますが!!


S u b 3 0 達 成 ! ! !


こんな感じでございました↓

Average of 12 : 31.27
RA of 5 : 26.71
3-7 28.61/26.74/(30.58)/24.79/(24.22)

PCからの投稿じゃないのでスクランブル写すのは省略(^^;; Skipはありませんでした。


早くAverage of 5と12でSub30出して「Best Records」欄に書きたい(^o^三^o^)


日々精進!((((((((((っ・ω・)っ

DaYanメンテナンス方法

今回はメンテナンス。未熟者の自分が解説するのもあれですが、いつもやっているメンテナンスをメモ書き程度に残しておきます。

DaYan ZhanChiを使っています。DaYanシリーズには対応していますが、他メーカーのキューブにはそれぞれ異なる特徴があります。気をつけるところはそんなに変わらないと思うので臨機応変にやってください。

※以下は僕がやっている方法です。正式なやり方というのは聞いたことがないので、自己責任でお願いします。

メンテナンスは3ステップでやっています。

1.汚れをとる
2.シリコンスプレー
3.グリース

3はたまに省略しますが(^^;;



【Step 1】分解して汚れをとる
まずは潤滑剤を塗布する際に邪魔になる汚れを取り除きます。DaYanなどセンターパーツの四隅に大きな穴があいているものは、そこからゴミが入り中にたまりやすいです。そうでないキューブでも回しているうちにホコリがたまってきます。

キューブを分解しましょう。

分解の仕方は特に決まりはないですが、DaYanにはpop防止のTパーツがついているのでちょっと外しづらくなっています。DaYanのエッジを外すときは、45°回して親指を下にいれ、

ひねりながら外します。

小さいパーツですがそう簡単には割れないので多少強引でも大丈夫だと思います。

それでも固いと指が痛いので、その時はマイナスドライバーの先を厚紙などではさみ、エッジの下に入れててこの原理で外すこともできます。厚紙はキューブを傷つけないためです。ただ何か危なげないので、センターのネジを緩めて外したほうが無難な気もします(^^;;


最初にコアからみていきます。ホコリがたまっていたらティッシュか何かで拭き取ります。拭き取れるものなら何を使っても大丈夫だと思います。


エッジ。ZhanChiは全体的にいびつな形をしているので、くびれているところにはホコリがたまりやすくなっています。全部きれいに拭き取りましょう。

コーナーも同じくくびれの部分は汚れるので拭き取ります。

ここで終わってもいいんですが、DaYanのパーツは2,3個のパーツが組み合わさって作られています。


↑画像はDaYan GuHong plusのパーツです。

ゆえにパーツの接着面にもゴミがつまりやすくなっており、僕は時間があればこれも掃除するようにしてます。接着面といっても本当に接着剤でくっついているわけではなく、ただはめ込んであるだけなので普通に外れます。

きれいになったらパーツを組み立てます。この時は色を気にせずにはめていきます。

エッジパーツ残り1個のところまで組み立てたらStep 2です。


【Step 2】シリコンスプレー
スプレー登場。これは潤滑剤と呼ばれるもののひとつで、その名の通りパーツ同士の滑り具合を調整します。シリコンスプレーはホームセンターとかならどこでも売っているので、「プラスチック可」かどうかを確かめて購入してください。200円くらいで買えます。延長ノズルがあったほうがやりやすいですね。「5-56」とか有名ですが、これには溶剤が含まれているためプラスチックを侵すので厳禁!

こちらに分かりやすい比較の知恵ノートがありました。
>>>「潤滑スプレーの用途ごと使い分けテクニック!」

塗布する場所は人それぞれですが、僕はパーツとパーツがこすれる所を中心にスプレーしてます。

かけ過ぎ注意なので、1,2回シュッてやるくらいで十分だと思います。かけたらパーツを戻してキューブを解きながらなじませてください。

この時点で十分回るキューブが出来上がっていると思いますが、ダメ押しでもう1工程あります。やりたい人だけでいいと思います(^^;;


【Step 3】シリコングリス
またもシリコン登場。これも潤滑剤のひとつで、塗り過ぎには注意です。

エッジをひとつ外して、コーナーと接触する場所に塗ります。

ZhanChiではくびれの部分に隙間があって、手前と奥の2箇所で接していますので、ここにグリースを塗ることになります。

塗るときは爪楊枝を使っています。とにかく量を気をつけなければならないので、楊枝の先に米粒くらいつけてから塗ります。エッジに塗れば十分なのでそのままパーツを戻してなじませます。

スプレーだとただ滑るだけですが、グリースを塗ることでニュルニュルした感じになります。個人的な感想ですが。分かりづらい(^^;;


こんな感じでメンテナンス一通り終了です。メモ書き程度といいながら結構長くなりました(^^;;

参考になれば嬉しいです。


P.S.
DaYan 6 PanShi"磐石"」が発表されました!ZhanChiとLunHuiを合体させたものらしいですが、まだ詳しいことはわかりません。

発売が待ち遠しい!
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。