cubeRoid
2012年12月 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2013年02月
TOP ≫ ARCHIVES ≫ 2013年01月
ARCHIVES ≫ 2013年01月
      
≪ PREVIOUS MONTH |  2013年01月  | NEXT MONTH ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ShengShou"圣手" 4x4x4 V4


先日中国から届いたShengShou4x4x4と5x5x5の、4x4x4のほうを今回は書いていきます。

「Konsta/Florian mod」はこちら。
Konsta mod編
・Florian mod編 (未投稿)

ちょっと前まではDaYanが4x4x4キューブの代表でしたが、このShengShouの登場で代表の座が入れ替わってしまいました。9月に4x4x4の単発WRがShengShouで更新され、今やほとんどの人が使っているみたい。



【ShengShou"圣手" 4x4x4 V4】
購入サイト : 51morefun


白素体です。

箱から出した時にまず、表面のベタベタにびっくり(´-ω-`) 油ですな。そしてステッカーも擦れてたり剥がれかけてたり。。。

これがChina品質というものか。。。とりあえず全部分解して部品を全て拭きました。この油みたいなのは潤滑剤かな。。とにかく雑い(´-ω-`)

組み立ても大変。
他と比べ物にならない部品の数々。

中を綺麗にして見つけた分だけバリを取り除いたら快適に回るようになりました。

内部構造はこんな感じです。

なかなか複雑。

ネジ調節はDaYanと同じ要領で出来ます。2x2x2部分でずらすと中心にネジがあるので、プラスドライバーをつっこんで回します。ただ十分軽いので今のところ触っていません。逆に緩めたらポップしそうで。

気に入ったのは音がDaYanよりも静かなこと♪ シャッシャッ♪

楽にFSCができるくらいコーナーカッティングも良く、サイズも62mmという小さめ設計なので持ちやすいです。純正のリベンジやDaYanは66mmでちょっと大きい(^^;;

あ、DaYanは60mm版も売ってますね。

海外配色は慣れる気しないのでステッカーもこの際全部貼り替え!triboxで5x5x5のと一緒に注文!

転写シート持ってなかったので、1枚1枚ピンセットで貼り付けました。剥がすのも一苦労で、全部終えるのに1時間弱かかりました(^^;;

おなじみ?のこの配色。


解き方の解説書もついてました。がっつり中国語なので読めません。

そのうちmodもやりたいと思っていて、いま参考になる動画やサイトを探しています。何かいいものがあれば教えていただきたいです(^^;;


ちなみにShengShouは「圣手」と書きますが、調べてみたところこれは「(その道の)達人、名人」を意味するそうです。さすが王道。


話変わりますが、6Colorが全面的に大会で使えなくなってたそうですね。BLDのみ使用できていましたが、WCAがお決めになっちゃったみたいです。

…なぜだ?目隠ししてるんだからいいじゃん。と思って、WCAが出した原文のほうを見てみました。

「Cubes with multi-colored plastic ("stickerless" cubes): Until now, these cubes have been allowed in blindfold solving but disallowed in sighted solving. Because these cubes may provide an advantage during memorisation, and for consistency, we will not allow these cubes to be used in any WCA events, starting December 1, 2012.」

と、BLDで使用不可にした理由は「覚えやすいから」ということみたいです。

ステッカーに関してはスクランブルに影響がなければ特に問題ないそうなので、大きめのものでも貼っておけば6Colorもどきにはなりそう。



【Cube Details】
・Name - ShengShou"圣手" 4x4x4 V4
・Manufactured by - ShengShou
・Size[mm] - 62*62*62 (純正比 -4mm)
・Weight - 148.9g (純正比 -35.1g)
・Price - ¥720($6.99 USD)
※純正比...Rubik's Revenge 4x4x4との比較。
(2013年9月8日現在)

スポンサーサイト

結局ShengShou購入。

先日迷ったあげくDaYan 4x4x4を買ったばかりなんですが、海外サイトを試してみたい気持ちがあってShengShouも買ってしまいました笑

実はちょっと前に海外サイトで買おうとしたことがあるんですが、銀行振込だと国際送金で手数料がめちゃくちゃかかることが判明し断念した過去があります。

しかしクレジットカードなら手数料がかからないと知り、これはリベンジの時だと今回買ってみたわけです。triboxでは売っていないShengShouを買うチャンスなので、思い切って4x4x4と5x5x5を注文しました。


そして昨日届いたのがこれ。

見るからに色んなところを巡ってここまでやってきたことを思わせるキズだらけの袋w お疲れ様でした。

注文番号である7199と書かれたダンボールを開けると、そこにはこれでもかという量の緩衝材に包まれたShengShouが!

家にむき出しのキューブがいくつかあるので、キューブケースも3つ買いました。とりあえず何かに入れておきたい性格←何せ安いもんで。

4x4x4と

5x5x5です。


どちらとも小さい印象。持ちやすいですね。


ただ!ただただただ!!一つだけ問題というか気になる点が。

これらのキューブは中国から直接取り寄せた、ちょっとかっこよさげに言うと個人輸入したわけですので、いつものようなtriboxの素晴らしいメンテナンスなどは当然ありません。キューブ自体はすごいので中国を非難するわけではありませんが、仕事が雑い(´-ω-`)

このへんも後々書くであろう各キューブの記事で載せますが、(´-ω-`)←リアルにこーいう顔になりそうなことがいくつかありました。


まぁ、ちょっと面倒くさいですけど自分でメンテナンスすれば何の問題もないので大したことはないです。しかしパーツが破損していることがたまにあるらしく、そうなると結構面倒なことになるそうで(^^;;


あ、今週のJCで自己ベスト更新しました。5回平均33.62。Sub30もあと少し!

計測環境?とか

スタックマットとPCの接続は断念しましたが、計測環境が固まってきたので書いてみたいとおもいます。

机周りに全部置いてます。


まずスタックマット。これがあると一気にキュービストになった気分になる!w 大会の予行練習に最適ですね。あとマットはマウスパッドになるのでPCの前に置いたりする方には更に便利です。


そしてそのPC。去年の夏にiMacを買って居間に鎮座していたんですが、あまりにも自分しか使わないので机の横に持ってきてしまいました。トーナメントディスプレイはお高いのでPC画面で代用(てかこれで十分)。タイマーアプリを使って計測してます。

タイマーアプリはPrisma Puzzle Timer一択です。

ちょっと前までCalCubeTimerを使っていましたが、Twitterで「Prisma使わないの?」と言われてこの高機能を知ってから変えました笑 めちゃくちゃお利口です。書ききれないくらい機能ついてます。ぜひダウンロードしてお確かめください!(ちなみに3x3x3世界記録保持者(2013年1月現在)のFeliks Zemdegsさんも使ってました。)


↑CCTはこんな感じ。

キューブは引き出しに入れていつでも取り出せるように。1段目は埋まったのでShengShou2個購入により2段目突入。


特に変わったところも何もありませんでした(^^;; 計測環境といってもこんなもんです。


もうちょっとお金に余裕があればいいんだけど(´-ω-`)

DaYan+mf8 4x4x4 構造とメンテナンス

DaYan+mf8 4x4x4の記事に書けなかった構造とメンテナンス方法をまとめます。方法というよりは試したことを書くだけですけど。

ま、とりあえず分解。

分解はリベンジと比べたらめちゃくちゃ簡単で、3x3x3を分解していく気分でバラバラ取れていきます。ただし、センターパーツはそのままでは取れません。キノコのかさみたいなパーツが全部で8枚ついているのですが、これにセンターパーツが噛み合わせられているのでネジで緩めてからでないと外せません。

センターパーツまで全て取り外すと、中にネジが見えます。6面なので当然ネジも6つです。が、キューブの回し心地に関わるのはこのうち3つのみです。あとの3つはコア自体を固定するものらしく、いじっても特に効果はないそうです。


このようにネジが奥にあるものはコア固定用です。


ネジが出ている3カ所を調整します。


というわけで、ちょっと緩めて組み立てなおすと、、、


「あれ、二層回しが重い。。(´-ω-`)」


リベンジでは逆に一層が重くて二層が軽かったんですが、予想外の展開。もう一度分解して緩め直します(面倒くさい)。

さあ二層回しどや!!


ぐりっ

ぱこーーーーーーんΣ(´д`;)


緩めたせいでエッジが吹っ飛びました(´;ω;`)はめ直してゆっくり回すと、、、

「なんでよ。重いじゃん(´-ω-`)(´-ω-`)」

これ以上緩めたらエッジがもたない。というか面倒くさい。これは仕様なのかとtriboxに問い合わせてみたところ、「構造上二層回しが重くなるのは仕方ないことで、回し込んでいくうちに軽くなっていく」だそうで。

むー。諦めきれずに上級者の方がいっぱいいらっしゃるTwitterへ。

とその時、サポーターになってくださった方からDM(Twitterのメールみたいな機能)が!助けを求めました。必死で。

DaYan 4x4x4を買ったら超簡単な調整法を教えていただく約束をしていたので、まずはそれを実践。

それが何とも奇抜で、「センターのネジ部分にあるスプリング(バネ)を取り除く」というもの。

↑こんなやつですね。

POPしにくくなる効果があるんだとか。そしてそのあとちょっとネジを緩めるといいんだそうで。半信半疑でやってみて、同時に次は肝心の二層回しの改善。

返信に書いてあったのは「ネジを入れるところに直接スプレーしてやると根本から滑らせることができる」とのこと。

これにはなるほど!でした。確かにコア部分が滑れば全体的によく回る気がします。


さてさて3度目の正直。二層回し!いざ!


ぐりっ

お(^o^三^o^)

ぐりぐりっ

おおー(^o^三^o^)(^o^三^o^)


回りましたわ!はい!嘘のように全ての不満が解消され、ぐるぐる回るようになりました。エッジが吹っ飛ぶこともありません。

サポーター様々です。ほんとに感謝してます。。


他にスプレーしたほうがいいところを聞いてみました。エッジとコーナーがこすれるところと、エッジの足とキノコ型パーツがこすれるところにやっておくといいそうです。ただ多分割はスプレーし過ぎると逆に重くなることもあるんだとか。対面に1回ずつ差せば十分かなー。

グリースはやってませんが、必要ないくらいだと思います。まだ回し込んだ域には入っていないので分かりませんけど、今でも普通によく回ってますし。


これが最善の方法かどうかはわかりません。もし他にいいやり方があればぜひ教えていただきたいです。コメントとかTwitterで言ってもらえれば反応しますので!

DaYan+mf8 4x4x4

4x4x4はリベンジを持っていましたが、とても速さを追求するには向いていないのでお年玉使ってDaYanとmf8のコラボ商品4x4x4を買いました。

ShengShouと迷ったんですが、Twitterでいろいろアドバイスを頂いてDaYanでも十分やれるとのことだったのでこちらを選びました。というか、ShengShouは上級者向けという意見もあったので笑。

去年の9月にFeliks Zemdegs氏が4x4x4のWRを出したときのキューブはShengShouのようですが、それ以前はDaYanが貢献していたそうなので、期待して注文!



【DaYan+mf8 4x4x4】
購入サイト : tribox

さっそく開封。ステッカーは自分で貼るやつなので、黒の素体が届きました。

センターパーツには「DaYan+mf8」と書いてあります。


パーツはDaYan 3x3x3のように2つに分かれます。特に意味はないけど。


ちまちまステッカー貼り付けると。。。

やたらカラフルになりました。写真ではわかりづらいですが黄色とオレンジがちょっとかぶるかー。。。

まあ、期待してた通り性能はなかなかのものです。リベンジとは比べものにならないほど回ります。

分解して構造のほうも、、、と思いましたが、実はこのキューブ、メンテナンスがめちゃくちゃ大変でした笑 ということで、構造などはメンテナンス方法と一緒に別記事にまとめます。気になる方はこちらも参照してください!→DaYan+mf8 4x4x4 構造とメンテナンス



(個人的に)忘れてはいけないのが「DaYan+"mf8" 4x4x4」という商品名にあるようにmf8というメーカー。DaYanに隠れちゃった感じがありますが、あえてここで注目!

実際僕は知らなくて、失礼なことに「Meffert?」とか勝手に思っていましたが、そのまま「えむえふえいと」と読む別のメーカーのようです。

triboxを巡ってみると、ここは-minx系を中心に製造しているみたいで。C4Uとかと比べると値段は張るものの性能がいいとか。

ここがDaYanとタッグ組んだんだからすごいなw

オフィシャルサイトが見つからなかったので詳しいことは分かりませんが、結構大きいところなのかな?


いいキューブ買いました!使い込んでいこうと思います。Yau Methodに慣れなきゃねー。



【Cube Details】
・Name - DaYan+mf8 4x4x4
・Manufactured by - DaYan Cube/mf8
・Size[mm] - 66*66*66 (純正比 : +1mm)
・Weight - 158g (純正比 : -26g)
・Price - ¥2,550(tax included)
※純正比...Rubik's Revenge 4x4x4との比較。
(2013年9月8日現在)

WitEden WitTwo V2

3x3x3をたくさん持っておきながら2x2x2は1つも無かったので、DaYan 4x4x4を買ったついでにWitTwo V2も買いました。

使ってみるとなかなかいいキューブだったので、暇つぶしにがしゃがしゃやっています。

人気のWitTwo V2、紹介します。



【WitEden WitTwo V2 黒素体 [WitEden] 】
購入サイト : tribox

Type Cで知られるWitEdenは中国のメーカーです。
3x3x3はガリガリした印象が(個人的に)ありましたが、2x2x2は潤滑剤なくても十分回ります。パーツが少ないからということを考慮しても回しやすさは別格かと。

コーナーカッティングも驚愕です。ほぼ45°でも戻ります。なぜここまで柔らかいのか、分解して確かめてみましょう!

内部が複雑と聞いていたので、分解するのに少し戸惑いましたが、意を決してネジを緩めます。

パーツを外すと、内部は3x3x3の構造になっていることが分かります。3x3x3でいうコーナーパーツだけが大きくなり、2x2x2を形成しているといった感じです。

非常に柔軟なつくりになっていて、抜群のコーナーカッティングはこのおかげでしょう。


ちょっと戻すのにコツがいりましたが、ネジを緩めたままねじ込めば入りました。


とにかくおすすめです!



【Cube Details】
・Name - WitEden WitTwo V2
・Manufactured by - WitEden
・Size[mm] - 51.2*51.2*51.2
・Weight - 86g
・Price - ¥1,100(tax included)
(2013年1月15日現在)

【アウトレット】DaYan ZhanChi


アウトレットのDaYan ZhanChiを組み立てました。ばらばらになってるパーツを組み合わせるだけなので大したことはないですが、一度最初から作ってみたかったので個人的には満足してます笑

しっかりTパーツも買っておきました。

パーツは丁寧に仮組みがしてあるので、そのまま締めれば出来上がります。Tパーツはこのとき一緒にはさんで締めます。

センターパーツには、ネジ、スプリング、ワッシャーの順に組み合わせてコアに取り付けます。コアにネジが入る螺旋模様がほってあるといい気がしたんですが、それがないので最初はなかなか入りにくい。コツをつかめばできました。

センターパーツ6個をコアに取り付ければ、あとは締めたエッジとコーナーをはめてセンターキャップを付ければ完成!

簡単な工作やってる気分で楽しかった(^-^)ステッカーは蛍光色込みのお気に入り配色。



うん、アウトレット最高。安いし。

【番外編】DaYan Card

今回は番外編です。キューブ紹介ではありません(^^;; 中国製の人気キューブDaYanの付属品であるカードについて紹介します。

どうやら本来DaYanのキューブを買うと、1個に1枚ずつシリアル番号が刻印されたカードが付属するみたいです。認定書みたいな意味合いですかねー。

しかしtriboxさんではなぜかキューブのみを配送していて、カードは別売でした。

というわけで、カードセットを以前買ったGuHong plusと一緒に買ってみたので紹介していきたいと思います!たぶんそこまで面白くないです。ご了承くださいませm(_ _)m




↓現行版


↓初期版


カードは2種類あり、初期版と現行版の2つが出回っています。初期版は「DaYan 3 LingYun」まで、現行版は今流行りの「DaYan 5 ZhanChi」までのものです。

どちらもしっかりとした作りのカードで、エンボス加工もしてあります。クレジットカードと遜色ありません笑 さすがDaYan Cube!


「DaYan 1 TaiYan」の漢字表記"态炎"が判明したのはこのカードでした。現行版の裏に書いてありました。表を見ると全ての名前が四字熟語のようになって書かれていて、どんな意味なのかとてもとても気になります。誰か中国語読める方いらっしゃいませんか???

2013年!あけおめ!!

ついに受験生の年になりました_(•ω•」∠)_今年高校3年生になります。


キューブの練習がしにくくなってしまいますが、うまく時間を使ってやっていければなーと思っています笑


先ほどTwitterでつぶやきました。今年の目標を設定します!

【2013年 目標】

3×3×3...JCで単発・平均共に20秒切る!具体的に言えばF2Lの対応できる幅を広げること、LL系を覚えきるといった感じ。

4×4×4...Yau Methodをとりあえず習得する!



2×2×2も買ったので暇を見つけてがしゃがしゃw

もちろん勉強のほうも怠らず!

時期が時期なので大会に出れるかどうかは分かりませんが、Twitterのフォロワーさんを頼りにアドバイスを頂きながら成長していける年にしていきたいと思います(人にばっか頼ってちゃダメだ)。


何はともあれ、今年もよろしくお願いします\(^o^)/

Have a Happy New Year!!


P.S.
新年早々JC参加してきましたら、何と何と初めて平均30s台に乗りました。単発もJCでは初の20s台で、縁起のいいすべり出しをかましました!これはきてる!!w
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。