cubeRoid
2012年09月 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2012年11月
TOP ≫ ARCHIVES ≫ 2012年10月
ARCHIVES ≫ 2012年10月
      
≪ PREVIOUS MONTH |  2012年10月  | NEXT MONTH ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

3×3×3 Rubik's Cube [MegaHouse]

今回はキューブの紹介です!

カテゴリ分類が「Cube Review」となっている記事は、僕が持っているキューブの紹介になっています。

そこまで数持っているわけではありませんが、できるだけ詳しく書いていくつもりなので、購入する際などの参考になれば嬉しいかな。



第1回はまず大御所メガハウスの純正品「Rubik's Cube」を紹介します。

といっても皆さん知ってますもんねこれ笑 レビューするまでもないくらい。


…まぁ、1回目ですし、これいかないと始まらないような気も、、笑

というわけで!



【Rubik's Cube 3×3×3 [MegaHouse]】
※2009年に発売されたRubik's Cubeを参考にしています。

ルービックキューブは、ハンガリーの芸術アカデミー教授エルノー・ルービック(Erno Rubik)氏によって発明されました。組み合わせは

43,252,003,274,489,856,000通り

あると言われます。
(パッケージから引用)


パッケージ底の六角形の箱には、6面完成攻略書と交換シール申込書が入っていました。攻略書にはLBL法が解説されています。


さてさて、肝心のキューブの方は。。。


いや、実に見慣れたフォルム。普通だ。


一応パーツごとに。

コーナー(左)とエッジ(右)



コアは白ですね。

純正品なんで特に言うこともなく。

センターのフタは接着してあり、ネジ調節などはできません。むりやりこじ開ければできるのかな。。いや、そこまでするならもっと回しやすいの買った方が。


回し心地は買ったままだと悪いです。重めでしなりもほとんどありません。ネジ調節ができないのでスプレーかけてましたが、ほとんど使わなくなったので拭いてしまいましたw いつのまにか貸し用になってます。


とりあえずルービックキューブやり始める、って人にはいいと思うけど、周知の通りSpeed Cubingには向いてません。



【Cube Details】
・Name - Rubik's Cube 3x3x3
・Manufactured by - Rubik's
・Size[mm] - 57*57*57
・Weight - 92g
・Price - ¥2,078(tax included)
(2013年9月8日現在)

スポンサーサイト

「No Cubes, No Life」

「No Cubes, No Life」開設!



ここはほぼRubik's Cube関連のことのみを書き連ねるブログです。更新してみんなに見てもらうというよりも、「この情報がほしい!」と検索されたときに引っかかってくれることを前提に書いていくつもりです。

つまり情報ブログといいますか、自分の覚え書きも含めたRubik's Cube専用ページというわけです。


今のところの予定だと、自分が持っているキューブの紹介やLBL法などの解法について、また計測記録のメモにも使おうと考えています。


あ、自己紹介遅れました。espr_cubes_βと言います。高校生やってます。βはまだ発展途上とか未熟という意味でつけてます。現在はSub65くらいで、1分切りを確実にすることを目標にやってます。ます。

夜行性なので夜更かしよくします。特に何もしませんけど。
PCとかいろいろいじるの好きなので、そのあたりの小ネタも挟んでいくかもしれません笑 Apple一途です。


まだブログやるほど一人前ではありませんが、興味のあるものを共有できるほど素晴らしいことはないですからね!よろしくお願いします。
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。